世界初!踊る卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」、DMMからデビュー。10月29日予約開始

写真拡大

DMM.comが展開するロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」は10月29日から、ダンスを踊ることに特化した女性型の卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」の予約販売を行ないます。ラインアップは、ロボットの製作・イベント運営などを行なう「ロボットゆうえんち」が開発した「ベースモデル」、イラストレーター・漫画家の有坂あこ氏がデザインした「ゆかり」、そして漫画家の佐久間結衣氏がデザインした「マリ」の3種類で、性能はいずれも同じ。

価格は、「ベースモデル」は13万8000円(税別、以下同)で11月下旬販売予定、「ゆかり」は14万5000円で販売時期は「ベースモデル」と同じ頃を予定しています。また、「マリ」は14万5000円で12月予定と、ほか2種類と販売時期がずれる見込み。「ゆかり」と「マリ」は各300体の数量限定販売となります。

【ギャラリー】プリメイドAI/製品画像 (8枚)



「プリメイドAI」は、「自宅に劇場を作りたい」「自分だけのために本格ダンスをしてほしい」という開発者の思いから誕生したロボットで、滑らかな動きとかわいらしい仕草を表現します。ダンスに特化した女性型ロボットアイドルは「プリメイドAI」が世界初であると、同社は発表しています。

また、エンターテインメント市場を新たに開拓するため、「アイドル、アニメコンテンツや声優とのタイアップ」「イベントコンパニオンとしての利用サポート」「クリエイター奨励プログラム」「海外展開」の4つの施策を推進。楽曲・衣装・イラストなどのコンテンツを通じてアイドルとタイアップする企画の第1弾として、「アイドリング!!!」「Cupitron」「アキシブ project」とコラボレーションを行なう予定です。

ほかにも、施策の一環として衣装は型紙、頭部は3Dモデルをオープンデータとして公開したり、ダンスデータの作成環境も提供することで、ユーザーやクリエイターが自由に「プリメイドAI」の外見や動きをカスタマイズできるようサポートします。



なお、予約販売を行なう10月29日には、記者発表会も実施します。