缶を振ることで、キメの細かい泡立ちを実現した「ダイドーブレンド 休息の微糖 世界一のバリスタ監修」(希望小売価格・税抜120円)

写真拡大

朝晩は冷え込む日も増え、そろそろホットドリンクが恋しくなる季節がやって来た。そんな中、ほっと一息つきたい時にぴったりの缶コーヒーが、ダイドードリンコより発売されている。

【写真を見る】大人気の「世界一のバリスタ監修」シリーズから、ブレイクタイムにぴったりな新商品がお目見え!

「ダイドーブレンド 休息の微糖 世界一のバリスタ監修」(希望小売価格・税抜120円)は、缶を振ることでまろやかな泡立ちを実現。音の変化があるまで10回以上振ってから飲むのがベストだという。

記者が実際に飲んでみたところ、ふたを開けると華やかな香りがふわっと広がり、キメの細かい泡がしっかりと確認できた。程よい甘味とクリーミーな味わいが絶妙に調和し、最後は豊かな余韻が続く。専門店で飲むような本格的なおいしさに仕上がっており、気分も自然とリラックスできた。

舌の肥えたコーヒーファンにも好評だという「世界一のバリスタ監修」シリーズ。本品にも、浅煎り豆の特徴を生かした5カ国豆を、厳選してブレンドしている。

自動販売機で購入できる手軽さに加え、コーヒーを味わう豊かな時間も与えてくれるこだわりの一品。毎日のブレイクタイムにぜひおすすめしたい。【東京ウォーカー】