<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇14日◇スカイ72GC オーシャンC(6,364ヤード・パー72)>
 米国女子ツアーのアジアシリーズ2戦目『LPGA KEBハナバンク選手権』は初日の競技が終了。韓国で行われているこの大会、過去12回のうち韓国人選手が8度も優勝、圧倒的に地元有利の大会となっている。そして今大会も初日、韓国勢が上位に揃った。
 首位に立ったのはツアーメンバー外のパク・スンヒョン(韓国)。パクは10バーディ・ノーボギーの“62”と大爆発。2位に4打差をつける10アンダーで単独首位に立った。
 パクに4打差つけられたが6アンダー2位タイにはゲリナ・ピラー(米国)とチャーリー・ハル(イングランド)の2人。続く5アンダー4位タイには中国のフォン・シャンシャンに、シェラ・チョイ、キム・ヒョージュ、ジ・ウンヒ、ジ・ハンソルの4人の韓国勢がつけた。世界ランキング1位のインビー・パークもまずまずのスタート、3アンダーで16位タイにつける。
 また、宮里藍が今季のアジアシリーズに初出場。その宮里藍は初日3バーディ・6ボギーの“75”で3オーバー、67位タイと大きく出遅れた。その他、宮里美香が1アンダーで31位タイで日本勢最上位。横峯さくらは2オーバー58位タイ。今週苦戦が強いられている日本勢だが、カットがない大会だけに、明日以降の巻き返しに期待したい。 
【初日の結果】
1位:パク・スンヒョン(-10)
2位T:ゲリナ・ピラー(-6)
2位T:チャーリー・ハル(-6)
4位T:シェラ・チョイ(-5)
4位T:フォン・シャンシャン(-5)
4位T:シェラ・チョイ(-5)他
31位T:宮里美香(-1)他
58位T:横峯さくら(+2)
67位T:宮里藍(+3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
藍、さくら初日の結果は?リーダーボードでチェック