FIFAバロンドールについてマテウス氏「メッシが受賞しなければ驚き」

写真拡大

▽かつてドイツ代表のキャプテンも務めたローター・マテウス氏が、来年1月11日に発表されるFIFAバロンドールについての見解を語った。FIFA公式サイトが伝えている。

▽マテウス氏は西ドイツ代表として、1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)を制し、同年のバロンドールを受賞したことがある。当時を振り返ったマテウス氏は「私にとって素晴らしい1年だった。この賞は私個人だけの栄誉ではなく、ドイツ代表の素晴らしさを証明するものだった」と語った。

▽ディフェンダーとしてプレーした選手では数少ない受賞者であるマテウス氏だが、今年のFIFAバロンドール受賞者は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシしかないと考えているようだ。

「今年のバロンドール受賞者は1人しかいないだろう。リオネル・メッシだよ」

「彼はバルセロナでチャンピオンズリーグだけでなく、スペインでリーグとカップ戦を勝ち取った。アルゼンチン代表ではトロフィーまであと一歩に迫った」

▽アルゼンチン代表は、2014年のブラジルW杯でドイツ代表の前に決勝で敗戦。今夏開催されたコパ・アメリカではチリ代表の前に決勝で敗れていた。マテウスは「それでも」と前置きし、メッシが受賞することを再度強調した。

「彼がバルセロナで決めたゴールの数、そして素晴らしいプレーと祝ってきた成功は多くのことを物語っている。彼は特別な才能を証明し続けてきた。もしメッシが受賞しなければ、私にとっては驚きだね」

▽また、最優秀監督賞については、同じくバルセロナのルイス・エンリケ監督が受賞するだろうとしている。

「ルイス・エンリケは受賞の有力候補だ。今年はユーロやW杯がなかったので、クラブの成績に焦点が当てられる。バルセロナはその点でリードしているね」