Mac新OS「OS X El Capitan」無償アップデート開始。ここが変わった!
 2015年6月に「WWDC 2015」にて発表された新しい「OS X」が、9月30日にいよいよ無料でリリースされた。「OS X Yosemite」の後継バージョンとなる新しいOS Xの名は「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」で、名前の由来はアメリカ合衆国カリフォルニア州マリポサ郡の「ヨセミテ国立公園」内にある花崗岩の一枚岩から。「Mavericks」以降続いているランドマークシリーズが今回も採用されている。

 Macに搭載される「OS X」シリーズとしては12番目のバージョンとなり、バージョンナンバーは10.11。OS Xの標準アプリケーションである「Mac App Store」から無料でアップグレードが可能で、対応機種はMid 2007以降の「iMac」、Late 2008以降の「MacBook」、Mid 2007以降の「MacBook Pro」、Late 2008以降の「MacBook Air」、Early 2009以降の「Mac mini」、Early 2008以降の「Mac Pro」、Early 2009の「Xserver」となる。

 大きな目玉となるのは、強化された「Spotlight」検索やウィンドウ管理機能、全体的な速度の向上だが、他にも数多くの新機能を搭載している。そこで、ここでは使い方や利便性に関わる主な新機能をピックアップして見る。

◆「Split View」画面に2つのアプリケーションを並べて表示できる

 以前からOS Xではフルスクリーンアプリケーションを採用しており、画面全体にひとつのアプリケーションを表示して、作業に集中できるようになっていた。これは単なるフルスクリーン表示ではなく、フルスクリーン表示したアプリケーションは仮想デスクトップのひとつの画面として認識され、仮想デスクトップとして切り替えることができる機能だ。

 そして今回、新たに「Split View」が搭載され、ふたつのアプリケーションを並べてフルスクリーン表示することが可能となった。もちろんこの画面も仮想デスクトップとして認識されるため、スワイプひとつで画面の切り替えが可能だ。

◆「ライブ変換」スペースバーを押さずとも予測変換できる

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=64125

 前バージョンで「ことえり」から新しい日本語入力システムに変更となったが、今回は変換機能がさらに強化。「ライブ変換」機能が搭載され、文字を入力する度に入力箇所のすぐ下に変換候補が次々と表示されていくようになった。

 つまり、これまでのように変換するためにスペースバーを押す必要がないのだ。また、「クレー」「游明朝体+36ポかな」「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」の4つの新しい日本語フォントが搭載され、プレゼンテーション書類などでの表現の幅が向上している。欧文フォントも強化されており、綴りやサイズに応じて単語や文字の間隔を動的に調整するAppleデバイス向けに新設計された「San Francisco」が搭載されている。

◆「Spotlight」さらに多くの検索ができる

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=64126

 ファイルだけでなくアプリやインターネット検索も可能だった「Spotlight」検索機能だが、新たに天気や株価、インターネット上のビデオ、交通機関などまで検索できるようになった。スポーツ関連でも試合結果や試合日程、チームの順位、好きな選手の成績などまで検索することができる。

◆「Safari」待望のページピン機能が追加される

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=64127

 標準ブラウザの「Safari」には、これまで搭載されていなかった「ページピン」機能がいよいよ搭載された。これはよく見るウェブページのタブを固定しておく機能で、日々のウェブ閲覧をより快適にしてくれる。

 また、タブごとに音量調節が可能になり、特定のタブだけを消音にするといった操作ができる。ウェブページ内に組み込まれているビデオは、その部分だけ「AirPlay」することができるようになり、余計な部分を表示させずに映像だけを「Apple TV」にストリーミングして、リビングの大画面テレビで楽しむことができるようになった。