首位に立った永野竜太郎!(撮影:ALBA)

写真拡大

<日本オープンゴルフ選手権競技 初日◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>
 国内男子メジャー第3戦目、『日本オープンゴルフ選手権競技』が兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部 東コースで開幕。大会初日午前スタートの全選手がホールアウトした時点で、永野竜太郎が7バーディ・1ボギーの“67”をマークして5アンダーで単独首位に立った。
ここまでの国内男子をフォトギャラリーで振り返る!
 1打差の4アンダー2位タイには小田孔明、ハン・ジュンゴン(韓国)、アンジェロ・キュー(フィリピン)が並ぶ。続く3アンダー5位タイには先週シニアメジャー『日本プロゴルフシニア選手権』を制した室田淳や谷原秀人、近藤共弘ら5人が並んだ。
 また、2年連続出場となるアダム・スコット(オーストラリア)は午後からスタート5ホールを終え1アンダー21位タイに。同組のディフェンディングチャンピオンの池田勇太もスコットと同じく1アンダーで21位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
国内男子の賞金ランキングをチェック