アヤックスのアンワル・エル・カジ【写真:Getty Images】

写真拡大

 今冬に選手補強が解禁するバルセロナが、アヤックスから3選手の“まとめ獲り"を画策している。14日、スペイン紙『スポルト』が報じた。

 バルセロナが狙うのはアヤックスのオランダ代表3選手、FWアンワル・エル・カジ(20)、MFリーヘドリー・バズール(19)、DFヤイロ・リーデバルト(19)だ。バルセロナの強化担当であるロベルト・フェルナンデスが火曜日に行なわれたオランダ対チェコの一戦を視察したとされている。

 結果的にオランダ代表のEURO2016予選敗退が決定したこの試合だが、エル・カジとリーデバルトは先発出場を果たしている。バズールは出場機会なく終わった。

 未成年者獲得についてのFIFA規約を違反したことで、補強が禁止されているバルセロナ。負傷者も続出していることで厳しい戦いを強いられている。果たして3選手を獲得することで後半戦にさらなる勢いをもたらすことはできるのだろうか。

text by 編集部