バイリンガル向けの転職サイトの運営と人材紹介業を展開するダイジョブ(東京都港区)は、同社のウェブサイトで転職希望者の個人向けニュース・コンテンツの配信サービス「DaiJobBroadNews」(ダイ・ジョブ・ブロード・ニュース)を開始した。ダイジョブ会員約16万人のうち、1カ月の無料トライアルサービス中に5000人、年間延べ2万人の会員獲得を目指す。
 
 同社は、インターネットを利用したソリューションを提供する「ニューズウォッチ」(東京都中央区)と提携。ウェブ上のマイページとEメール配信で、国内上場企業約3700社の企業名、業界動向など、転職活動に必要な情報をはじめ、健康、生活、エンターテイメントまで幅広い内容を提供する。ニュースの配信元は産経新聞社、日本工業新聞社、日刊工業新聞社、ダウ・ジョーンズ・ジャパンなど。

 同社では「外資系企業が求めるのは、情報収集能力が高く、経済や業界の動向を把握し、グローバルな視点を持つ人材だ。今回の配信によって、『ビジネスアキュメン』(ビジネス洞察力)を高め、必要なスキルを身につけキャリアアップを図ってもらいたい」と話している。【了】