写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(以下、DNP)は10月14日、パスワードを用いないオンライン認証の標準化を目的とする国際的な非営利団体「FIDO Alliance (ファイドアライアンス)」にスポンサー・メンバーとして加入したと発表した。2016年度を目処に、FIDO仕様に準拠した強固なセキュリティと利便性を兼ね備えた認証サービスの提供を開始する。

提供を予定する認証サービスは、スマートフォンやウェアラブル端末などが装備する生体認証機能などを利用し、直観的でわかりやすい認証方式を採用するほか、新たな脅威に対しても新しい認証方式を常に提供していく予定。サービスの運用は、高いセキュリティと耐震性を備えるという同社のデータセンターで行う。

これによりユーザー企業は、IDとパスワードを使った既存の認証方式から、パスワードを使わない生体認証などの方式に移行することで、セキュリティを強化することが可能。認証には、生活者のスマートフォンなどを使うため、専用のリーダーやトークンなどの配布が不要で、簡単に認証機能を追加できる。一方、生活者は、パスワードを使わない認証が可能になることで、パスワード管理の負荷を軽減することが可能だ。

同社は今後、金融機関やインターネット・サービス事業者などを中心に同サービスを提供し、2019年度までの4年間累計で20億円の売上を目指す。なお、同サービスは、10月15日・16日に東京国際フォーラムで開催される「金融国際情報技術展 FIT2015」のDNPブースで紹介される予定となる。

(山本善之介)