安倍晋三首相、南京大虐殺文書の記憶遺産登録で中国国務委員に遺憾の意

ざっくり言うと

  • 安倍晋三首相は14日、中国の国務委員と首相官邸で約45分間の会談をした
  • 世界記憶遺産に「南京大虐殺の文書」が登録されたことに遺憾の意を表明した
  • 不幸な過去ではなく、「未来志向」の日中関係を構築していくべきと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング