"違いの分かる大人"に向けた高級感ある限定モデル

写真拡大

オリエント時計(東京都千代田区)は、「オリエントスター アーバンスタンダード TITANIUM プレステージショップ限定モデル」を2015年10月17日に発売する。

「オリエントスター」は"輝ける星"をイメージして1951年に開発された本格派機械式時計。時代の流れに左右されないシンプルなデザインと機能性で、本物志向の多くの人に愛されてきた人気シリーズだ。

新製品は「機械式時計の魅力に、"軽さ"という心地よさを加えた都会的なNEW STANDARD」をコンセプトにしたモデル。"違いの分かる大人"をターゲットに、さりげない部分にまでこだわったという。通常のホワイトよりも深みのあるミルキーホワイトカラーを採用した文字板に、ピンクゴールドの針とインデックスを組み合わせることで、洗練された印象を与えてくれる。さらに、ケースガラスにはSARコーティングを採用し視認性を高め、金属文字板に反射目を施すことで高級感ある腕元を演出してくれる。

ケースやバンドにはハードコーティングを施しており、傷や汚れに強くビジネスシーンにも最適なモデルだ。

オリエントスター専用ディスプレイなどを使用して、同シリーズの魅力をアピールする体制を強化している「オリエントスタープレステージショップ」での限定発売。

価格は12万円(税別)。