Doctors Me(ドクターズミー)- 【Dr.黒田愛美のコラム】vol.5: 犯人には、「司令塔」がいた!?

写真拡大

活性酸素を増やさない生活を!

今まで、老化、わるさの犯人「活性酸素」について4回にわたって書かせて頂きました。これで皆様もどれだけ「活性酸素」を増やさないように生活していくかが大事なのか分かっていただけたかと思います。

「活性酸素」を増やさない生活は、生活習慣(ストレス、添加物、大気汚染、タバコなど)の環境改善、なるべく「抗酸化物質」を食べ物から摂ること、そして補えない部分は、抗酸化物質の「サプリ」や「水素」などで摂ることです。

ただ、実はここに「落とし穴」があります。

活性酸素除去の落とし穴?!

「落とし穴」というのは、「番人」がいるということです!いくら「活性酸素除去」に頑張ったとしても、根本的な問題があることもあるんです…

それは「DHEA」というホルモン。「DHEA」とは、よく聞くあの魚の「DHA」とは全く違います!(笑)

「DHEA」とは、副腎皮質ホルモン。私達の副腎から分泌される大切な大切なホルモンなんです。男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲン、ステロイドホルモン、と言えば聞いたことがある方も多いかと思いますが、実は「DHEA」はこれらすべてのホルモンのもととなっているホルモンです!

別名「マザーホルモン(ホルモンの母)」とも言われています。また、同じく副腎皮質ホルモンで「コルチゾール」というホルモンがあります。実はコルチゾール、あの犯人、「活性酸素」を増やすホルモンなんです!「指令塔」みたいなものでしょうか…

それに対し、この「指令塔コルチゾール」と戦ってくれるのが「DHEA」ホルモンなんです!

次回はこのホルモン達の詳細についてお話します☆

〜医師:黒田 愛美〜