ユーロ予選敗退のイスラエル、グトマン監督が辞任

写真拡大

▽イスラエル代表を率いるエリ・グトマン監督(57)が14日、同国代表の指揮官から辞任することを発表した。イスラエルサッカー協会(IFA)の公式サイトが伝えている。

▽ユーロ2016予選でベルギー代表やウェールズ代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と同じグループBに入ったイスラエルは、グループステージを4位で終え、本大会出場を逃した。グトマン監督はその責任を取る形で辞任を発表した。

「最終的に、我々は結果で評価される。私自身、グループ3位以内を目標にしてきた。結局、我々は目標を達成できなかった。したがって、私は監督の座を退く決意をした」

▽イスラエル出身のグトマン監督は、2011年から母国の代表の指揮を執っていた。なお、現時点で同監督の後任は決まっていない。