工藤監督、プロ2年目の20歳に「彼はラッキーボーイ」

 ソフトバンクに20歳のラッキーボーイが出現した。

 14日のCSファイナルステージ初戦(ヤフオクドーム)で内川のサヨナラ打でロッテに先勝。3-2で競り勝った試合後、工藤公康監督は仙台育英から13年ドラフト4位でプロ入りした高卒2年目・上林誠知外野手を「CSラッキーボーイ」に指名。短期決戦の初戦を総括した。

――CS初戦でサヨナラ勝ちした。

「なんとも言えないです。それもサヨナラ。最後にキャプテンが打ってくれましたし、みんながチャンスを作ってくれた。みんなで勝ち取った1勝だと思ってます」

――内川が打った時の思いは?

「決まった、と。あの打球の低さだと間違いなくヒットだと分かったので、本当にみんなのところに行くのが大変でしたね」

柳田が復活の同点2ラン「久々のゲームでよく打ってくれた」

――延長10回、先頭の代打・上林に声をかけていた。どんな声をかけたのか?

「(ロッテの)内くんは縦のスライダーと縦の変化が多いので、少しストライクゾーンを高くして、と話をしたんですけど……。彼はラッキーボーイですね。ああいうのはなかなか。振り逃げは少ないですけど、やっぱり何か持っているなと思いました」

――スタメン復帰した柳田が3回にCS1号2ラン。同点に追いついた。

「本当にいいところで。2点を取られたところで、『欲しいな』と思うところで打ってくれたので。ケガもありましたけど、久々のゲームでよく打ってくれたと思います」

――1勝のアドバンテージを含め2勝とした。

「明日も負けないつもりで、全部勝つつもりで全員で戦っていきたいと思います」