“レタス”って水分ばかりであまり栄養がないと思っていませんか? 確かにレタスの約95%は水分ですが、レタスには各種のビタミンやミネラルがバランスよく含まれていて、健康効果も美容効果も高い野菜なのです。カロリーが低く食物繊維も含まれているので、ダイエット中の食事にもおススメです。

レタスには免疫力をアップする栄養素が豊富

レタスにはβカロテンやビタミンCや豊富に含まれています。これらは抗酸化力が高く免疫力をアップする栄養素として知られています。またレタスには葉緑素(クロロフィル)も豊富に含まれていますが、葉緑素には体内のコレステロール値を下げたり、ダイオキシンなど体内に溜まった有害な物質を排出するデトックス効果もあるのです。鉄分も含まれているので、貧血気味の方にもおススメしたい野菜です。

美肌作りにもレタスが良いはホント

レタスに含まれるビタミン類は、βカロテンやビタミンC、ビタミンEなどです。これらのビタミンは抗酸化力が高いばかりでなく、美肌作りに欠かせない栄養素でもあります。ビタミンCは、コラーゲンを生成するために必要なビタミンですし、ビタミンEは血行を促進して肌の新陳代謝を促すビタミン、βカロテンには肌を強く健康に保つ働きがあります。もちろん、レタスに含まれる鉄分は、ほんのりピンク色の頬を作るために必要な栄養素です。

美容のために食べるなら断然“葉レタス”がいい!

レタスというと、最も一般的な玉状のレタスを思い浮かべると思います。レタスには、サニーレタスやサンチュ、サラダ菜など、玉状にはならないリーフレタスもあります。これらのレタスは、一般的なレタスと違って緑黄色野菜に分類されるので、βカロテンは一般的なレタスの8倍、ビタミンCは2倍、ビタミンEは4倍も含まれています。カリウムや鉄分の量も多いので、美容が目的でレタスを食べる場合や、しっかりと栄養を摂りたいときは、リーフレタスを選んだ方が効率的と言えます。

レタスには、便秘解消に効果的な食物繊維も含まれていますが、レタスに含まれる食物繊維はほとんどが不溶性食物繊維です。便の嵩を増して腸の蠕動運動を促す効果がありますが、水分が不足すると便が固くなってしまいます。レタスだけで食物繊維を摂取するのではなく、便を柔らかくする効果がある水溶性食物繊維を含んだ昆布やワカメ、芋類なども一緒に食べるようにしましょう。

writer:岩田かほり