ゴールデンシューを受賞したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

 昨シーズン48ゴールを決めたレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、史上初となる4回目のヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。

 C・ロナウドは「この賞は自分にとっては非常に重要であり、4回目を受賞出来るのは光栄であり喜びだ」とし、「チームメイト、フィジカルコーチがいなかったら受賞は不可能だった。みんなに感謝したい」と喜びを露にした。

 続けて「自分はまた満足していない。ヨーロッパ・ゴールデンシューは5回目も、もし可能なら6回目も欲しい。マドリーは常にタイトルを勝ち取らなければならない」と語り、個人賞だけではなく、チームとしてのタイトルも目指すことを誓った。

 C・ロナウドは2014年度のバロンドールも受賞しており、続けて大きな栄誉を手にすることとなった。

text by 編集部