※画像は「N高等学校」Webサイトより

写真拡大

カドカワ株式会社が、新たな教育事業として、インターネット上で授業を受けることができる高校「N高等学校」を設立した。

【カドカワによるネットの高校「N高等学校」詳細発表 2016年4月開校予定の画像・動画をすべて見る】

同社がこれまで提供していたエンターテイメント性、IT技術などを活用し、デジタルネイティブ時代の子供たちに向けた新しい形の学校として2016年4月に開校予定で、単位制・通信制となる。

理事長をつとめるのは、同社代表取締役会長の佐藤辰男さん。スクーリングの際に登校できる校舎は、沖縄県・うるま市の大自然の中に設置された「伊計本校」と、東京・大阪のバンタンデザイン研究所となる。

新しい時代の新しいネットの高校!





「N高等学校」は、現在のネット社会に対応した新しい高校。

学校法人角川ドワンゴ学園の理事には、株式会社ドワンゴ代表取締役会長・川上量生さん、株式会社KADOKAWA取締役会長・角川歴彦さん、株式会社スタジオジブリ代表取締役・鈴木敏夫さん、株式会社MAGES.代表取締役会長をつとめ、同校の制服デザインも手がける志倉千代丸さんらが就任している。

志倉千代丸さんデザインの「N高制服」

志倉千代丸さんデザインの「N高制服」



ネット学習は、映像学習、確認テスト、レポートの順で行われ、自分のペースで学習を進めることが可能。さらに生徒ひとり1人に担任がつき、メールでいつでも質問することができる。

全日制と同じ高校卒業資格が得られるのはもちろん、自分のやりたいこと、好きなことから多くを経験し、将来の道を見つけられる。

「N高等学校」Webサイトスクリーンショット

「N高等学校」Webサイトスクリーンショット



通常の高校での学習に加え、各業界のプロフェッショナルを講師として迎え、「dwango×プログラミング授業」「KADOKAWA×文芸小説創作授業」「電撃×エンタテインメント授業」「Vantan×クリエイティブ授業」といった、より専門的な授業も受けられる。

また、地方自治体や企業、団体との連携による職業体験や、文化祭が「ニコニコ超会議」となるなど、従来の高校では決して得ることができない体験も。

学校説明会や個別相談会は、東京・大阪の各会場で随時行われているので、公式Webサイトをチェックしてほしい。