秋華賞に挑む「良血3強」の勝算(1)
■トーセンビクトリー編

 10月18日に行なわれるGI秋華賞(京都・芝2000m)。3歳"牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)"の最終戦となる一戦は、3頭の良血馬が注目を集めている。

 その3頭とは、タッチングスピーチ(父ディープインパクト)、ミッキークイーン(父ディープインパクト)、トーセンビクトリー(父キングカメハメハ)。彼女たちは、前哨戦となったGIIローズS(9月20日/阪神・芝1800m)で上位入線を果たし(※)、本番でも有力候補に挙げられている。
※1着=タッチングスピーチ、2着=ミッキークイーン、3着=トーセンビクトリー

 その有力3頭のうち、"挫折"を経て大一番に臨む馬がいる。トーセンビクトリーである。

 彼女は昨年11月、デビューしてわずか3カ月あまりで骨折。今春の二冠を棒に振る悲劇に見舞われた。しかしその苦難を乗り越えて、今年5月に復帰。下級クラスから勝利を重ねて、"最後の一冠"となる舞台に何とか間に合った。

 母は、2001年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を制したトゥザヴィクトリー。この"名牝"は繁殖牝馬としても優秀で、重賞5勝を挙げたトゥザグローリー(牡)や、2014年のGII弥生賞(中山・芝2000m)を制し、同年のGI皐月賞(中山・芝2000m)、GI有馬記念(中山・芝2500m)で2着と健闘したトゥザワールド(牡4歳)などを輩出している。

 トーセンビクトリーは、トゥザグローリーやトゥザワールドの全妹となる。そのため、生まれたときから注目され、1歳となった2013年のセレクトセール(日本最大級の競走馬セリ市)に上場されると、1億500万円の高値で落札された。落札者は、島川隆哉氏。高額馬を数多く所有している有名なオーナーだ。

 それから1年が経過した2014年8月、2歳となったトーセンビクトリーはデビュー戦を迎えるが、そこで3着に敗れると、続く未勝利戦でも2着。まさかの連敗を喫した。それでも、10月の3戦目で勝利。そこからクラシック戦線へと加わっていくはずだった。が、その直後の11月に骨折が判明。全治6カ月と診断されて、翌春のクラシック挑戦は絶望的となった。

 骨折した同馬が、療養のために向かったのは、千葉県のエスティファーム小見川分場だった。小見川分場は、島川氏が一から作った競走馬の育成施設。島川氏は北海道に生産牧場を持っており、そこで生産された馬のほとんどがデビュー前に小見川分場に来て、トレーニングを行なっている。

 この地で、彼女は驚くほど順調に回復していったという。担当した厩舎長の山口剛氏が、当時を振り返る。

「ビクトリー自身は、『本当に骨折しているの?』というくらい、こちらに来たときから元気でした。骨折も、当初全治6カ月と診断されましたが、結果的に4カ月ほどで回復しました。小見川でこれだけの良血馬を世話するのは初めてなので、こちらに来ると聞いたときはびっくりしました。そして、無事に治ってホッとしましたね」

 セレクトセールで落札される高額の良血馬たちは、ほとんどが大牧場であるノーザンファームや社台ファームといった"社台グループ"の生産馬。それらを島川氏が購入した場合、通常は、育成やケガの療養、放牧を、そのまま社台グループの施設に任せている。

 だが、今回は「オーナーの意向」をもとにノーザンファームと協議したうえで、小見川分場が療養先に選ばれた。トーセンビクトリーが来ると聞いて山口氏が驚いたのは、そのような経緯からだった。

「ビクトリーの療養中は、ノーザンファームの方からもアドバイスをいただいて、無事に回復させることができました。その後は、徐々に馬を動かして、復帰を目指しましたね。軽いメニューのときは、私がビクトリーにまたがったので、良血馬に乗れる喜びを感じました」

 同馬が来たときから、「自分が乗る瞬間を想像していた」という山口氏。だからこそ、初めてまたがったときのことが忘れられないという。

「自分で乗って歩かせたとき、鳥肌が立ちましたね。乗っている感じが気持ちよいというか、『これが良血馬なのか』と(笑)。本当にいい馬だと確信しました。それも、当時は骨折明けで、まだ筋肉が戻っていない時期。それでこの乗り味ですから、『万全の状態になったらどれだけすごいんだろう』と思いましたね。きっとGI戦線に乗っていってくれるだろうと感じました」

 その後も、順調に調教を積んだトーセンビクトリーは、無事に復帰。5月23日には、7カ月ぶりの実戦となる500万下のレースに出走した。しかし彼女は、そこで7着と惨敗し、続く6月のレースでも3着に敗れてしまった。長期休養明けとなる復帰初戦は仕方がないとしても、期待していた2戦目の敗戦には、山口氏もさすがに肩を落としたという。

 もはやトーセンビクトリーの"復活"はないのか――世間の関心も薄れかけていたが、携わった関係者が絶賛する「良血馬」が黙って沈むことはなかった。復帰後、2連敗を喫したものの、7月の500万下特別のレースで快勝すると、昇級戦となる8月の1000万下特別のレースも骨のある古馬相手に完勝。2連勝という快進撃を見せて、三冠最終戦となる秋華賞への道が一気に見えてきたのである。

 そして迎えた、秋華賞トライアルのローズS。トーセンビクトリーは、名手・武豊に操られて、後方から直線に入って鋭進。最後は、勝ち馬タッチングスピーチと、2着ミッキークイーンに屈するも、秋華賞への優先出走権(3着以内)をきっちり確保した。

 昨年11月の骨折から1年弱。期待の「良血馬」が、ついにスポットライトを浴びる表舞台に戻ってきたのである。GI戦線に乗れると信じていた山口氏の"感触"は間違っていなかったのだ。

 山口氏は、秋華賞を前にしてこんな思いを吐露する。

「これまでも、オーナー(島川氏)はたくさんの良血馬を所有してきました。ただ、それらの馬たちは、私たちと関わる機会が少なかったので、どこか遠い存在だったんですね。でも、ビクトリーは、私たちも関わらせていただいた馬。小見川分場にとっても、思い入れがかなり強い存在です。だからこそ、なんとか勝ってほしいですね」

 ローズSで3着になったとき、「(秋華賞出走の)権利を取れたうれしさより、負けた悔しさのほうが大きかった」という山口氏。その言葉にこそ、この馬への思い入れの強さが表れている。

 骨折から復活し、牝馬三冠最後のタイトルを狙うトーセンビクトリー。デビュー早々に訪れた苦難を乗り越えた彼女なら、秋華賞で大仕事をやってのけてもおかしくない。一緒に苦悩のときを過ごした人々の"思い"が、最後に後押ししてくれるはずである。

河合力●文 text by Kawai Chikara