J1は浦和GK西川が3度目、J2は福岡GK中村が初受賞!!《コカ・コーラ月間MVP》

写真拡大

▽Jリーグは14日、明治安田生命Jリーグにおける9月の「コカ・コーラ月間MVP」の受賞者を発表した。J1部門は浦和GK西川周作(29)が2013年7月度、2014年7月度に続き3度目の受賞。J2部門では福岡GK中村航輔(20)が初受賞を果たしている。

▽Jリーグ公式サイトでは、受賞した2選手について選考委員会による総評を紹介している。

◆GK西川周作(浦和)

「9月に開催された全3試合にフル出場し、失点を2に抑え3連勝に大きく貢献した。特に2ndステージ第12節(vs鹿島)では、被シュート数27本で守勢に回る場面が多いなか、スーパーセーブを連発し、相手の決定機をことごとく防いだ。また西川選手の特徴の一つでもある正確なフィードはフィールドプレイヤーのような正確さで、攻撃への起点となる場面も多くみられた」

◆GK中村航輔(福岡)

「9月に開催された全4試合にフル出場し1失点と、堅守の立役者となった。また第31節(vs讃岐)から第33節(vs熊本)では3試合全て1点差での勝利であった。特に第31節(vs讃岐)では相手のPKを見事なセーブでストップし、チームに勝点3をもたらした。GKの中では184?と小柄ながら気迫あふれるプレースタイルは川口能活選手(FC岐阜)を彷彿とさせる」