笑顔が輝いている人はいつまでも若々しいものです。笑顔にはストレスを軽減させる効果や痛みを和らげる効果がありますが、表情筋を鍛え、肌のハリツヤを良くするアンチエイジング効果もあるのです。

笑顔でいれば筋肉を鍛えられる

声を出して大笑いすると、頬や顎が痛くなることがあります。これは笑う時に頬から顎の筋肉を使っているから。声を出さない笑顔でも、口角をあげたり頬の筋肉を使うので表情筋を鍛えるのにとても効果があります。笑顔で接客をするお仕事だと、常に笑顔で話すことになるので、顔の筋肉から首、お腹までの筋肉をしっかり使っています。笑顔で接すると、つられて姿勢も正しくなるので地味なエクササイズになっているのですよ。逆にふくれっ面だったり無表情だと、表情筋が衰えてきて口角も頬も下がり、シワやたるみができやすくなってしまいます。

笑顔にはこんなにたくさんの効果が!

たとえ作り笑顔であっても、笑顔には自分や周りのストレスを軽減させる効果があります。笑顔でいることは思考をポジティブに変え、自律神経である副交感神経を優位にさせてリラックスすることができるからです。面と向かった相手が笑ったら、こちらも笑ってしまいますよね。笑いには伝染する作用があるので、周りを巻き込んで空気を穏やかにすることができます。笑うと脳内物質のエンドルフィンが分泌され幸福感をもたらすだけでなく、モルヒネの数倍の鎮痛作用で痛みを軽減することも実証されているのです。

さぁ、いまから笑ってフェイスニング

心から笑えるのがいちばんですが、笑顔でいることに気を付けるだけでも十分に効果があります。笑うと目じりに笑いジワがつくから笑わないという人もいますが、笑顔で笑いジワがある人と、無表情やムッとした表情でシワのない人ならどちらが魅力的でしょうか? 笑顔の人の方が面接で良い結果が出るという検証結果もあるように、笑顔は第一印象も良く見えますし損は無いと思います。笑顔は無料のアンチエイジングサプリメントですよ。

writer:しゃけごはん