『リザとキツネと恋する死者たち』

写真拡大

映画『リザとキツネと恋する死者たち』が、12月19日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(9枚)】

『リザとキツネと恋する死者たち』は、日本人歌手・トミー谷の幽霊と、日本の恋愛小説だけを心の拠り所とするリザの周囲で巻き起こる事件を描いたハンガリー映画。日本に伝わる「九尾の狐」の伝説をモチーフに、恋した相手が次々と殺されてしまう怪事件にリザが巻き込まれるというあらすじだ。

監督は、CMディレクターとしても活動するウッイ・メーサーロシュ・カーロイ。リザの前にだけ現れる幽霊・トミー谷が歌う軽妙な劇中歌は、昭和歌謡を愛聴するカーロイ監督がヨーロッパの作曲家と共に作り上げた楽曲だという。