写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトは10月14日、東京ドームホテルでWindows 10搭載デバイスの商品説明会を開催した。説明会の中で、代表執行役 社長 平野 拓也氏がWindows 10搭載スマートフォンの新規参入メーカーを明らかにした。

これまで、マウスコンピューターやFREETEL、サードウェーブが参入を表明、Windows 10 MobileをOSに採用したスマートフォンがすでに一部販売されている。

同日、新たに発表された参入メーカーはトリニティ、Acer、VAIOの3社。トリニティはこの参入により、初めてスマートフォンを投入する。また、VAIOは日本通信との協業で「VAIO Phone」を販売しているが、Windows 10 Mobile端末は初の投入となる。

なお、トリニティの代表取締役社長 星川 哲視氏が登壇し、開発中とみられる「NuAns」の実機を手に持ちながら写真撮影に臨んでいた。日本エイサー 代表取締役社長 ボブ セン氏もスマートフォンを手にしていたが、VAIOについては実機の公開は行われなかった。

(徳原大)