ドローンメーカーがつくると、手持ちカメラはこうなる(動画あり)

写真拡大

人気ドローンメーカーのDJI社が、カメラと手持ちスタビライザーが一体になった新製品「Osmo」を発表した。どんな撮影条件でも、ブレや画質の低下なしで動きながら撮影できるという。

「ドローンメーカーがつくると、手持ちカメラはこうなる(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

Osmoは、DJI社製ドローンの特徴であるスタビライザー技術、3軸ジンバルを使うことで、ブレや画質の低下のない動画を実現した。

DJI社のシニアプロダクトマネジャー、ポール・パンは「従来の手持ちカメラには映像のブレがあり、ブレを抑えるためにセットアップが難しい大きなスタビライザーを必要としていた」と語る。「Osmoは、手持ちカメラによる動画制作のありかたを変える。起きたことの単なる記録だったものが、どんな体験だったのかをそのまま共有できるような、滑らかで表現豊かな動画になるのだ」

DJI社は、市場で屈指のドローン・メーカーとして知られており(世界の商用市場でのシェアは約70パーセントで、消費者向け市場のシェアはそれを上回るとされる)、2014年に最も愛されたドローン動画の数々(日本語版記事)も、同社の「Phantom 2」で撮影されている。

Osmoは、ハンドル部分にいくつもの制御装置があり、静止画と動画のモードやアングルを簡単に切り替えられる。カメラ内にモーターがあり、360度の1回転が可能で、パノラマを自動撮影できる。ハンドル部分にはステレオマイクも組み込まれており、3.5mmのオーディオジャックも備える。そして、同社の空中ジンバル「Zenmuse」シリーズと完全な互換性がある。

Osmoのカメラは12メガピクセルで、1/2.3サイズのセンサーと視野角94度のレンズを採用。動画撮影は4Kだ。ハンドル部分とドローンのようなスマート機能だけが欲しいという場合は、個別に購入して、他パーツと組み合わせることもできる。

Osmoは現在、DJI Storeにおいて価格549ポンド(約10万円)で予約が始まっており、出荷は10月15日からの予定だ(日本ストアでの価格は85,000円)。あわせて、ほぼすべての表面に安全に設置できる三脚、拡張スティック、バイクマウント、マイクやLEDライトを追加するユニヴァーサルマウントなど、アクセサリーも多数販売される。

関連記事:ソニーが「ドローン」の先に見ているビジネス(動画あり)

TAG

CameraDJIVideoWIRED UK