グループ首位でEURO本大会出場を決めたベルギー代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 EURO2016予選が現地時間の13日に欧州各国で開催された。

【ベルギー 3-1 イスラエル EURO2016予選】

 ここまでグループBで2位につけるベルギー代表は、ウェールズ代表が最終節でボスニア・ヘルツェゴビナに敗北したため、勝利すればグループ首位に浮上する。

 それでも前半をスコアレスで折り返したベルギーだが、後半に自慢の攻撃陣が爆発する。64分にナポリのFWメルテンスが左サイドからシュートを叩き込むと、78分にはMFデ・ブルイネが直接FKを沈め、84分にエースMFアザールが抜けだして3-0とする。

 試合終了間際に1点を返されたものの、3-1で快勝しグループB首位での本大会出場を決めた。

【イタリア 2-1 ノルウェー EURO2016予選】

 既にEURO本大会出場を決めているイタリア代表は、勝利すれば予選突破の可能性を残すノルウェー代表と対戦した。

 前半から徹底して試合を支配したイタリアだが、ノルウェーに先制点を奪われてしまう。23分にFKの落としからMFテティに豪快なミドルシュートを打ち込まれた。

 しかし、62分に今季メジャーリーグサッカー(MLS)で21ゴール12アシストと絶好調のMFジョビンコが投入し、さらなる攻勢をかける。すると73分、そのジョビンコのクロスをDFがクリアしそこねたところをMFフロレンツィが詰めて一点を返す。さらに82分、FWペッレが逆転ゴールを決めて2-1と勝利を収めた。

 これでイタリアはEURO予選を7勝3分と無敗で終えた。敗北したノルウェーはプレーオフ進出を決め、2位のクロアチアが本大会出場を決めている。

text by 編集部