新しいiMacで大きく変わったのは「キーボードとトラックパッド」

写真拡大 (全23枚)

アップルが発表した新しいiMacは、間違いなくいままでで最高のiMacだ。Intelの新Skylakeチップによるさらに高速なプロセッサ、グラフィック性能の向上、Fusion Driveハイブリッドストレージに加えて用意されるクールな新アクセサリは、コンピューターの関わり方を再考させる。

「新しいiMacで大きく変わったのは「キーボードとトラックパッド」」の写真・リンク付きの記事はこちら

iMacはアップルの商品群のなかでも、最も成熟した製品である。いわゆるデスクトップモデルなわけだが、いまアップルは、「小さなコンピューター」が多数派を占める世界において、iMacが踏み出す道筋を見出そうとしている。

まず、画面についていえば、多少であるが昨年のモデルよりも良くなっている。解像度は同じ〈5120×2880〉だが、色域が「DCI-P3」と呼ばれる標準規格へと拡大された。これは、旧来のフィルムカメラを意識した規格であり、デジタルカメラのRAW画像出力はより正確なものとなる。

いまのところP3のメリットは、iMacとその他の超ハイエンドディスプレイでしか体験できず、また大半の人はこの変更をはっきりと感じることはないと言い切れるだろう。しかし、iMacに大きな変更を感じ取れる点が1つある。アップルはいま、キーボード、トラックパッド、そしてマウスを再考・再デザインしたのである。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

2/11

3/11

4/11

5/11

6/11

7/11

8/11

9/11

10/11

11/11

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

「マジック」

いまや、すべてが「マジック」と呼ばれている。「マジックキーボード」「マジックトラックパッド2」「マジックマウス2」…。

新たなモデルは、まず小さくなっている。キーボードにせよトラックバッドにせよ、前モデルにはキーボードを支えて少し角度を出す「円筒形の部分」があった。しかし、新モデルでは、この部分が無くなっている(そもそもこれは、人間工学上の理由ではなく、単三バッテリー2本を収めるための工夫だ)。キーは変わらぬサイズ、変わらぬレイアウトだが、メカニズムが少し変更された。ぐらつきが大幅に減っている。

マジックトラックパッド2は、キーボードと統一感あるデザインだ。この組合わせは良く映える。前モデルよりも非常に大きくなっている。そして最も重要なのは、「フォースタッチジェスチャー」をサポートしたことだ。パッドを押し込む“クリック”はなくなり、代わりにクリックしているかのように感じさせる感覚的なフィードバックが用いられている。MacBook Proのトラックパッドと同じテクノロジーだ。

3つの新しいアクセサリーにはすべて、充電用とコンピューターとの接続用として、ライトニングポートが設けられている。いずれもBluetoothで接続して使用するのだが、ライトニングケーブルでつなぐと、すぐにコンピューターとペアリングできるようになった。所要時間は0.5秒程度で、他のBluetoothコントローラーと同じようにペアリングされ無線で接続される。これは非常に優れたアイデアだ。また、アップルによれば、いずれも充電時間は2〜3時間ほどで、一度の充電で1カ月以上はもつとのことだ。

これは2つの見方ができるだろう。1つはアップルお得意のやり方で、すでに完成していると思われることであっても継続的に再発明する、ということだ。前モデルのキーボードやトラックパッドに不満をもつ人はいなかったが、アップルはより良いものにし続けたいのだ。もう1つの側面は、ここにいるわたしのように、7年前に買ったキーボードをずっとアップグレードしていない人がたくさんいる、ということだ。アップルはユーザーがアップグレードしないのを嫌い、それゆえにアップグレードしたくなる理由を発明したわけだ。

TAG

AppleGadgetGalleryiMacWIRED US