「Blackberry」がSIMフリースマホで帰ってきた

写真拡大

スマートフォンケースなどの販売サイト「caseplay」を運営するFOX(東京都中央区)は、カナダのBlackberry製SIMフリースマホ2機種、「BlackBerry Classic」「BlackBerry Passport」を2015年10月14日に同サイトで発売。

最新OS「BlackBerry 10.3.2」 Androidアプリをインストールできる

いずれもQWERTY配列の物理キーボードとタッチ対応液晶ディスプレイを備える。Androidアプリをサポートする最新OS「BlackBerry 10.3.2」をプリインストールする。

「Passport」は、パスポートと同じでジャケットの胸ポケットに収まるB7サイズ。4.5型スクエア液晶(1440×1440ドット)を備える。キーボードにタッチするとスクロール、予測候補の選択、バックスペース、カーソル移動、範囲選択などの操作が可能な「Touch-Enabled キーボード」搭載する。メモリーが3GB、ストレージが32GB。3450mAhのバッテリーを内蔵し、最大30時間の稼働が可能。カラーはホワイト、ブラック。直販価格は6万9984円(税込)。

「Classic」は、「Bold 9900」のフォルムを踏襲したデザイン。3.5型(720×720ドット)液晶ディスプレイを搭載。ほぼ画面にタッチせずに操作が可能なトラックパッドを備え、長押しすればロングタップとして機能する。メモリーが2GB、ストレージが16GB。2515mAhバッテリーを内蔵。カラーはブラック。直販価格は5万3784円(同)。