武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-1 イラン 国際親善試合】

 日本代表は13日、親善試合でイラン代表と対戦して1-1で引き分けた。

 サイドアタッカーではなく、センターフォワードとして招集された武藤嘉紀はこの日、3トップの中央でスタメン出場を果たした。前半から精力的に動いたが、楔を受けようとしても相手に潰され、キープできたとしても味方のフォローが遅くマイボールにできなかった。

 だが、貴重な同点弾を決めたのは武藤だ。後半早々、本田圭佑のクロスに飛び込むとGKの弾いたボールが当たって、ゴールとなった。約1年ぶりとなる得点に「長かったですね。だいぶ苦しかったですし、どんな形であれゴールがついたっていうのは良かった」と安堵した。

 2点目のチャンスもあった。カウンターから抜け出すとGKと一対一になる。武藤は抜いてシュートを打とうとしたがGKの手が伸びてきて阻まれた。「しっかり決めきらなきゃいけなかった。反省しなきゃいけない」と振り返った。

 とはいえ、どんな形であれゴールを奪ったことは評価されるべきだろう。マインツへ移籍し、1トップを任されている。まだ日は浅いが、ドイツでの経験はすでに自身の糧となっているようだ。

「ああやって泥臭く前で体を張ったり走りこんだり、そういうプレーがさらに力強くなれていると思います」

 FC東京時代から強さのある選手だったが、マインツでさらに鍛えられている。そうした強さに加え、今後は「パスやドリブルの質、トラップの質をもっと上げていかないといけない」と語る。岡崎慎司の定位置である1トップの座を奪えるか。武藤の成長は岡崎を刺激するはずで、このポジション争いには今後も注目だ。

text by 編集部