前半で退いた香川、自身の不甲斐なさを吐露「精度は高くなかった」

写真拡大

 国際親善試合がイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで13日に行われ、日本代表はイラン代表と対戦した。

 FIFAランキングでアジアトップの39位につけるイランと対戦した同55位の日本代表。前半は攻め込まれるシーンが目立ち、前半アディショナルタイムにPKのこぼれ球から先制点を許してしまう。後半立ち上がりにFW武藤嘉紀のゴールで同点としたが、その後、互いにチャンスを決めきれず、1−1の引き分けに終わった。

 この試合、前半終了までプレーとなったMF香川真司は、「相手はフィジカルも含めて強かったですし、やはり苦しい戦いでしたね。自分たちのミスも多くて」と話し、苦戦を強いられた前半を振り返った。

 前半劣勢となった原因について問われると、「プレッシャーをかいくぐった時は少し前がフリーになっていた部分はあったと思います。前半は相手も激しく来ていたので、良い場面が作りにくいのはしょうがないですけど、フィジカルの強い相手に対してどうやって攻撃を組み立てていくのかはすごく課題が残りましたね」と語り、この試合で感じた攻撃面での課題について口にした。

 ハーフタイムでの交代については、「(監督の)予定通りだと思うのと同時に、自分のプレーの精度も高くなかったので」と、自身のプレーの不甲斐なさをあらわにした。

 日本代表は、11月12日に行われるロシアW杯アジア2次予選でシンガポール代表とのアウェーゲームに臨む。