ドローは「妥当な結果」も…勝利を追求し続けるハリル「負ける準備はしない」

写真拡大

 日本代表は、13日にイラン・テヘランのアザディスタジアムで開催された国際親善試合でイラン代表と対戦し、1−1で引き分けた。

 イラン相手にアウェーで白星がない日本。前半はほとんどチャンスを作れず、相手の激しいプレッシャーにミスが目立つ。アディショナルタイムには、DF吉田麻也(サウサンプトン)がペナルティエリア内で相手選手を倒してPKを献上。GK西川周作(浦和レッズ)がアシュカン・デジャガのシュートを一度はセーブしたものの、こぼれ球を再び押し込まれ、1点ビハインドで前半を終えた。

「戦うシーンもあったが、前半はまったく満足していない。まったくゲームをコントロールできず、相手がフィジカルでわれわれを支配してきた」と前半を振り返るハリルホジッチ監督は、「ビックチャンスを作らせなかったが、PKを与えたのは集中が足りていなかった」とPKからの先制点献上を悔やんだ。

 だが、日本は後半開始早々、FW武藤嘉紀(マインツ)が同点弾を獲得。FW本田圭佑(ミラン)が右サイドから上げたクロスを相手GKが弾くと、そのボールが武藤の体に当たってゴールネットに吸い込まれた。しかし、その後は決め手を欠き、勝ち越しゴールを奪うことができず、1−1のドロー決着となった。

 ハリルホジッチ監督は、「後半はずいぶん良くなって同点に追いつき、さらに2点目、3点目を決めるチャンスもあった」と早い段階での同点弾に満足感を示したものの、「イランも空中戦に強いチームだったので、やはり2点目、3点目を決めるチャンスはあった」とし、ドロー決着は「結果としては妥当なものだった」とコメントした。

 また、後半にはハリルホジッチ体制で初出場となったMF柏木陽介(浦和レッズ)や、フル代表デビューとなったFW南野拓実(ザルツブルク)の新戦力もピッチに投入。同監督は、「彼らにとっても良い経験になったし、彼らが(実力を)見せてくれたことは満足している」と高く評価すると、「すぐに素晴らしいプレーを彼らに期待してはいけないが、こうした試合を重ねることで彼らは経験を積むことができる。特にフィジカル面で、自分たちより強い相手にどう戦うかが重要だったが、良い経験を積むことができた」と前向きに語った。

 その一方で、「われわれはテクニックを使ってゲームを支配すべきだった。本来であれば、そこはわれわれの長所であったはずだが、慌てた状況でテクニック面でミスもあった」と課題にも言及。「もう少し冷静さがあれば2点目が入って、われわれが勝っていたと思う。まだまだトレーニングが必要ということだ」と勝ち切れなかったことを悔やんだ。

 最新のFIFAランキングでアジア3番目の55位に位置する日本。対してイランは39位でアジアトップに立つ。ハリルホジッチ監督は、「イランがアジアで最も強いという情報はあった」と認める相手に対しても、「私は野心をもって日本に来た(日本代表監督に就任した)し、勝つつもりでここに来ている」とし、勝利を追求。

「私はブラジルやアルゼンチン、フランスと対戦する場合でも、いつも勝利という言葉を口にする。それで負けてしまえば確かに負けだが、私のスピリッツとして負ける準備はしない」と続け、勝利への強い執念を明かすと、「(アルジェリア代表を率いていた)ブラジルW杯の時も世界最強の優勝チーム(ドイツ)と対戦したが、勝つためのトライをしようという話をした。少し(言葉の意味を)理解できない選手もいたが、試合が終わってみると『われわれは勝てたんだ』という目をしていた。しかし、結果としてそれは遅すぎた」とコメント。アルジェリア代表時代のエピソードを挙げて、常にどんな相手でも勝利を目指すべきだと強調した。

 そして同監督は、「今日は勝つ可能性も負ける可能性もあったが、この道を続けるしかない。この試合は経験を積むという意味で、とても良いテストになった。われわれのチームが向上するためには、このような試合が必要だった」と語り、「いい親善試合だった」とイラン戦を総括。

「日本はまだ向上するし、私は自分のチームの短所も長所も理解している。次のシーズンは代表的なチームを作り、そしてトレーニングを続けていく」とコメントし、さらなる向上へ意気込みを語った。

 日本代表は、11月12日に行われるロシアW杯アジア2次予選でシンガポール代表とのアウェーゲームに臨む。