先輩から刺激を受けたA代表デビューの南野「高いレベルでできた」

写真拡大

 国際親善試合がイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで13日に行われ、日本代表はイラン代表と対戦した。

 FIFAランキングでアジアトップの39位につけるイランと対戦した同55位の日本代表。前半は攻め込まれるシーンが多く、前半アディショナルタイムにPKのこぼれ球から先制点を許してしまう。しかし、後半立ち上がりにFW本田圭佑のクロスからFW武藤嘉紀がゴールを決めて同点。試合はその後、互いにチャンスを作るも決めきれず、1−1の引き分けに終わった。

 この試合、88分に武藤に代わって出場したFW南野拓実は、「デビューできたことは素直によかったです」と、自らのA代表デビューを喜んだ。プレーに関しては、「ボールに触ってないんで、もう1回チャンスをもらった時にしっかりプレーして、実感をつかみたいです」と話し、次のチャンスに向けての意気込みを口にしている。
 
 今回、初招集となったA代表について南野は、「プレーに関してすごい高いレベルでできましたし、自分としてはいろいろ収穫がありました」と代表の“先輩”メンバーから刺激を受けた様子。最後に、「代表で求められることを自分の中で分かったし、それを持ち帰ってチームで実践しつつ、しっかり結果を残してまた呼ばれるように頑張っていきたい」と、今後の抱負を語った。

 日本代表は、11月12日に行われるロシアW杯アジア2次予選でシンガポール代表とのアウェーゲームに臨む。