イランに対し、なかなか攻撃の形を作れなかった日本。意図のあるカウンターも見せられなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 緊張感のある内容だったが、全体的にはイランペースの試合だった。シリア戦からメンバーを入れ替え、武藤、宇佐美、柴崎、米倉、森重らを先発で起用したが、日本は攻撃のリズムをなかなか作れなかった。

【PHOTOギャラリー】イラン 1-1 日本

 1トップを務めた武藤はボールキープできる岡崎とは違い、相手の背後のスペースを狙ったが、その影響か、前線のコンビネーションはいまひとつだった。
 
 また守備面でも、吉田の不注意でいらない失点を与えてしまった。1点は奪ったが、1失点した影響のほうが大きいと思う。
 
 それにイラン相手ではポゼッションで後手に回る展開は予想でき、そのぶん効果的なカウンターを狙えたはずだが、攻撃の意図はいまひとつ見えなかった。チームとして狙いが定まっていなかったのだと感じる。
 
 せっかくボールを奪っても、縦に上手くパスを出せない。前線の動き出しも少ない。奪ったらまずクサビのパスという意識が統一されていれば、連動して動くことができるが、選手たちから共通のイメージを感じることはできなかった。
 
 相手の出方もあったと思うが、理に適ったロジックのある攻撃は最後まで見えなかった。どうやって攻めるのかが見えないのが、今の日本の大きな問題なのだろう。これは早急に改善しなくてはいけないポイントだ。
 
 そもそもハリルホジッチ監督は、日本人は横パスやバックパスが多いから、まず前を見ろと、“縦に速いサッカー”を目指していたはず。それがアジア予選では、守備を固める相手ばかりだったせいか、そのスタイルを見失っているように思える。
 
 イラン戦では相手に攻められる回数が多い分、どんな質の高いカウンターを仕掛けてくれるのか楽しみにしていたのだが……。これでは、ここまでハリルジャパンがなにを積み重ねてきたのかよく分からない。
 
 
 より円滑な攻撃を構築するには、最終ラインからのビルドアップの質を高める必要があるだろう。最終ラインから前線にタイミング良く正確な縦パスが入れば、そのパスに反応してボランチの柴崎らが前を向いてプレーすることができる。
 
 しかしイラン戦では、日本のCBの距離は近く、相手FWにプレスをかけられるシーンが多すぎた。常に追われている状況なので、適切なビルドアップができない。そこは、長谷部が最終ライン近くに落ちるべきで、CBとのトライアングルを作り、相手のプレスをかいくぐる必要がある。
 
 ビルドアップの精度が高まれば、武藤や香川に効果的なくさびのパスや相手の背後へのパスが入る。そうすれば、両SBも安心して高いポジションを保てる。同時に、宇佐美や(本田)圭佑もより高い位置取りができる。
 
 こうして好循環が生まれれば、流れのある連動した攻撃を見せられるだろう。そういう意味でも縦へのパスに対する意識を全員でもっと高めてほしい。最終ラインからの縦パスにチーム全員で連動できれば、よりスムーズな攻撃を行なうことができる。
 
 今後は守備を固めてくる相手と、前に出てくる相手との戦い方を変えなくてはいけないが、チームとして、同じイメージを持つことがなによりも先決だ。