コマンが筋肉系の負傷もバイエルンは軽傷と発表

写真拡大

▽バイエルンは13日、先日のU-21スコットランド代表戦で負傷したU-21フランス代表MFキングスレー・コマンのケガが軽傷であると発表した。同クラブの公式サイトが伝えている。

▽コマンは、10日に行われたU-21スコットランド戦に先発出場するも、前半23分に太ももを痛めて負傷交代を強いられていた。

▽バイエルンは13日、コマンのケガの状態について以下のように説明している。

「幸いにも、キングスレー・コマンを長期の間失う可能性はなくなった。彼はU-21フランス代表で太ももに軽いケガを負った。そして、現在はクラブのメディカルスタッフから適切な治療を受けている。ただ、17日のブレーメン戦に出場できるかは、微妙なままだ」

▽今夏にユベントスからのレンタルでバイエルンに加入したコマンは、ここまで公式戦6試合に出場して2ゴール4アシストを記録している。