武藤は本田のクロスに飛び込んで同点弾をマーク。手応えを口にしつつ「GKとの1対1を決め切れなかった」と悔やんでいた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際親善試合の日本対イランは10月13日、イランのテヘランで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 この日、本田のクロスに飛び込んで同点ゴールを決めた武藤のコメントをお届けする。

【PHOTOギャラリー】イラン 1-1 日本
 
武藤嘉紀(マインツ/FW)
 
――後半の立ち上がりにゴールを決めたが?
 
「自分が決めたという気持ちはないが、得点になったのは良かった。ただ、その後の1対1をしっかりと決め切れなかったのは反省すべき点だと思う」
 
――得点を決めたことよりも反省のほうが強い?
 
「どんなゴールであれ得点を取れたのは嬉しい。だが(GKとの1対1のシーンは)逆転の大チャンス。あれは決め切らないといけない」
 
――ゴールが決まってすぐにガッツポーズしていたが、自分が決めたと分かっていた?
 
「たぶんそうかな、と。自分のゴールではなくても、得点が入ったということにガッツポーズした」
 
――背中に当たった感触は?
「最後は背中だった? GKにパンチングされていたし、DFふたりにも挟まれていたので、どこに当たったのか正直分からなかった」
 
――イランの印象は?
 
「今まで戦ったアジア勢では一番強いと思った。ただアウェーの地で負けなかったことはプラスになる。この試合で出た反省点を次に活かしていかないといけない」
 
――相手はかなりハイプレッシャーだったが?
 
「ワールドカップ予選では経験してないこと。しかも前に技術のある選手がいて、後ろで固めてこない。そういう相手と代表で戦うのは久しぶりで、前半にあれだけ前からくるイランに対して、上手く自分たちのリズムを作れなかった。どうにか自分たちのペースに持って行けるように、今後はなにかしら変えていかないといけないのかもしれない」
 
――後半はスピードを活かせていた。前半に比べて変わった部分は?
 
「相手が疲れて、後ろにスペースが空いていたのが大きい。前半から(相手は)ハイプレッシャーで来ていたので、後半はペースが落ちると思っていたし、スペースも空くと思っていた。強い相手に対しては三人目の動きや前へのスプリントが必要になる」
 
――今後の試合運びとして、前からプレスに来られた時は前半は我慢して、後半にカウンターから得点を狙うという形が得策か?
 
「格上とやる時はそういうことも考えなければいけない。ただ、前半から自分たちが圧倒できるようなサッカーができればベストだと思う」