クロップ監督の元でプレーすることを楽しみに待つMFアダム・ララーナ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールに所属するイングランド代表MFアダム・ララーナが、同クラブの指揮官に就任したユルゲン・クロップ新監督の元でプレーすることを楽しみにしているようだ。12日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 クロップ監督は、成績不振で解任されたブレンダン・ロジャース監督の後任としてリバプールに招聘された。ドルトムントではブンデスリーガ2連覇を達成するなど輝かしい功績を残しているだけに、ララーナもクロップ監督の指導を心待ちにしているようだ。

「僕は新しい監督の元でプレーできることに、とても興奮しているよ。大きなシーズンになると思う。昨季は不満だったし、今季の最初は怪我でイライラしていた。コンディションさえ良ければ良いプレーができると思うし、一生懸命頑張るつもりだよ」

 今季は怪我で出遅れたララーナ。チームも3勝3分2敗の10位と調子が上がらないでいるが、クロップ監督がリバプールに新しい風を吹き込むことで、上位進出を狙いたいところである。

text by 編集部