写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する食玩「CONVERGE」シリーズに新たに「仮面ライダー」シリーズが加わり、「CONVERGE KAMEN RIDER」として2016年2月に発売されることが明らかになった。価格は各500円(税別)。

「CONVERGE」といえば、「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する様々なモビルスーツ(MS)を濃密なディテールを全高約55mmのデフォルメサイズに落とし込んだ食玩フィギュア「FW GUNDAM CONVERGE」が知られているが、同シリーズへ新たに「仮面ライダー」シリーズが参戦。「仮面ライダー」の食玩としては、これまでに「THE 仮面ライダーズ」「HDM」「66 アクション」などが展開されたが、その全てを「収斂」(コンバージ)するような緻密な造形、驚異のライナップを展開していく。

第1弾のラインナップは、「仮面ライダークウガ マイティフォーム」「ゴ・ガドル・バ」「仮面ライダーファイズ」「仮面ライダーカイザ」「アークオルフェノク」の5種にシークレット2種を加えた全7種。『仮面ライダークウガ』と『仮面ライダー555』で構成され、今回の「CONVERGE KAMEN RIDER」で特に力を注いだのは、ラインナップの選定作業だったという。これまでの食玩シリーズでは、敵側の怪人勢はあまり立体化に恵まれなかったが、今回は第1弾にして「ゴ・ガドル・バ」と「アークオルフェノク」が立体化される。また、シークレットもこの2作品に登場するキャラクターであることが予想される。

商品の公式サイトによれば、開発する上でのキーワードに「手に取ったとき、脳裏に主題歌が流れるかどうか」を掲げ、深くキャラクターの魅力を追求し、世界観や物語をも凝縮して立体化。幾度ものリテイクの末に完成した原型は、物理的限界まで拘ったディテール、クリアパーツで再現されたライダーの複眼、"らしさ"を追求したカラーリングなど、特筆すべきポイントが数多く詰め込まれているという。

商品価格は各500円(税別)。2016年2月より全国の全国玩具店、全国家電量販店、スーパーマーケット、ショッピングモールなどで発売される。

(C)石森プロ・東映