いつもは女子大生(画面中央が野さん)

写真拡大

豊田自動織機の社内カンパニー「トヨタL&Fカンパニー」は2015年10月7日、フォークリフトブランド「TOYOTA L&F(トヨタ ロジスティクス&フォークリフト)」のプロモーションを目的としたウェブ限定動画を公開した。

動画には最近「相撲美少女」と話題の、立命館大学相撲部所属の野粼舞夏星(のざき・まなほ)さん(19)を起用。幼いころの映像から、普通の「女子大生」としての生活、そしてアスリートとして練習に励む様子などを通して、野粼さんとTOYOTA L&Fに共通する「信念を貫く」生き様を伝えている。

フォークリフトとの共通点は...

野粼さんは小学2年で、相撲に出会った。それ以来、出身地の静岡県大会などで好成績を残し、2013年から14年にかけては「国際女子相撲選抜堺大会」で2連覇。14年には台湾で行われた「世界女子ジュニア相撲選手権大会」の軽量級で優勝し、高校生ながら世界一に輝いた。高校卒業後の15年4月からは、立命館大学へ進学し、学業のかたわら女性力士として活躍している。

そんな彼女を動画に起用した理由は、「力強さ」と「信念」を持っているから。野粼さんの内面的な美しさと、自らの信じる道を突き進む姿を、TOYOTA L&Fのフォークリフトが持つ「信頼性」や「力強さ」「美しさ(滑らかな動き)」と重ね、49年連続フォークリフト国内売り上げトップというブランドの強みを表現している。