第二十七条 (勤労の権利と義務、勤労条件の基準及び児童酷使の禁止)

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

(2) 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

(3) 児童は、これを酷使してはならない。

(つづく)