「プラシーボ反応」の強弱は遺伝子によって左右される:研究結果

写真拡大

いわゆる「プラシーボ効果」を使った検証が、これまで新薬の開発において重要な役割を果たしてきた。しかし新たな研究によって、この「思い込み」が個人の遺伝情報に左右されている可能性が示唆されている。これは、創薬の未来にかかわる問題だ。

「「プラシーボ反応」の強弱は遺伝子によって左右される:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

子どものころ、「ケガなんてツバつけときゃ治る」と言う大人の言葉を信じこみ、実践したことはなかっただろうか? 

同じように、たとえ薬効成分を含まない偽薬(プラセボ)であっても、それを知らない患者が「効くと思い込む」だけで、実際に病状がよくなってしまう「プラシーボ効果」という現象がある。心と体をつなぐこの不可思議なこの反応は、新薬承認を申請する際にその薬の効果を調べるときの欠かせない現象だ。一般的に、偽薬よりも効果が高いことが認められれば、その薬には「有効性がある」とされている。

しかし、プラシーボ効果を誘導してしまう偽薬は、真に薬の効用を確認するときに最適な比較対照なのだろうか? それに疑問を投げかけた研究者が、ハーヴァード医科大学のキャスリン・ホール博士だ。

ホール氏の研究チームは、『Trends in Molecular Medicine』に掲載された論文で、プラシーボ反応に関する過去の研究を検証し、プラセボム(Placebome: Placebo+Genome)と呼ばれるプラシーボ反応に対する「ゲノムの影響」が、これからの薬の臨床試験に必要不可欠となるだろうとの見解を明らかにした。

脳にはプラシーボ効果を仲介する神経伝達物質経路があり、この経路には遺伝子が関わっている可能性があるというものだ。つまり、プラシーボ反応が個人の特定の遺伝子によって左右される、ということだ。「プラシーボ反応というものは、事実、“ミックスした表現型”であることが分かってきています」と、ホール氏はリリースで述べている

プラシーボ効果を促しているとみられる神経伝達物質

例えば、2008年に行われた研究によると、プラシーボ反応によりドーパミンとオピオイドがより産生されていることが報告されている。また、プラシーボ反応の大きかった個人ほど、ドーパミン受容体がより活性化していたという。

「わたしたちは、神経伝達物質経路に関与する“ある遺伝子変異”が、プラシーボ反応にも影響するかもしれないとの仮説を立てました」(ホール氏)

そこで彼らは、過去の研究から遺伝子候補をリストアップし、「ドーパミン」「オピオイド」「カンナビノイド」「セロトニン」に関連する遺伝的変異は、神経伝達物質の合成やシグナリング、その代謝にも関与していることを検証した。加えて、薬のなかにはプラシーボと同じ脳神経経路を通して人体に作用するものがあるという報告もある。

つまり神経伝達物質経路はその機能を重複している可能性があり、「思い込みと薬効の両方によって、相乗効果を生み出している」かもしれないということだ。

吐き気、疲れ、更年期のほてり、過敏性腸症候群(IBS)、鬱などの症状は、プラシーボや治療薬の作用に大きな個人差が現れることから、薬がプラシーボ反応を変化させたり、プラシーボ反応が薬の作用の程度を変えてしまうといった可能性が否めない。よって、遺伝子による個人差を知ることは、これらの症例に役立てられるだろうと研究者らは議論する。

対照例として「治療なし」のグループをつくる

医療や治療は、常により精密な精度が要求される。研究チームは「個人のプラセボム」を知ることで達成できると考えている。具体的に「思い込みの効果」を知るには、どのように臨床試験をデザインする必要があるのだろうか? 

「もし遺伝子がプラシーボ反応や薬の効果に少しでも影響を及ぼすのなら、これからの臨床試験には新たな無治療のコントロール群をおく必要性が出てくるでしょう」と、研究チームはいう。彼らが提案する方法は、安価で簡単であり、何より各症例に対するプラシーボ効果の度合いを知ることができる。

さらに遺伝子スクリーニングの導入により偽薬に反応を示す人達を見極めることができれば、より個人に特化した理想的な医療ケア、新薬の開発、または治験デザインなどに役立てられるだろう。しかし臨床試験に遺伝子レヴェルの研究が必要となると、「実用面」や「倫理面」でさまざまな問題が避けられないのもまた事実だ。

避けて通れない、倫理面での対応

「患者は遺伝子テストの結果を知ることを拒否できるのか」、または、「患者は医療記録に残すかどうかを決められるのか?」。プラシーボ反応の大きい個人に対し、医者はその情報をどう倫理的に利用すべきか。例えば医者が患者のためを思い、薬だと嘘をついて偽薬を処方するのは道徳的なのだろうか。そのような個人は臨床試験に含むべきか、除くべきか。患者が自分のプラシーボ効果の反応や程度を知ることで、その後のプラシーボ反応には影響があるのだろうか?

これらは、将来の医療を論ずるにあたって必ずぶつかる問題だ。しかし、プラセボムが医療分野にさらなるイノヴェイションを生みだすだろうことは、想像に難くないだろう。心と体のつながりの根底に横たわる遺伝子。おそらく未来の創薬とは、「個人のプラシーボ反応をも考慮した薬剤」となっていくのに違いないだろう。

TAG

geneMedicineNeurobiologyResearchWIRED JAPAN