悪天候から路面が少しずつ乾いていく不安定なコンディションだったからこそ、劇的なレースになった。晴天のドライコンディション、あるいは最初から最後までフルウェットで路面条件が安定していれば、ここまでドラマチックな展開にはならなかっただろう。

 栃木県ツインリンクもてぎで行なわれたMotoGP第15戦・日本GPで優勝を飾ったダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)は、序盤に8秒以上も開いていた前との差を少しずつ縮めていき、やがて次々と前方の選手たちをオーバーテイク。レースが終盤に差し掛かる18周目にトップに立つと、最後には後続と8秒の差を開いてトップでチェッカーを受けた。つまり、ペドロサは全24周のレースで都合16秒以上のタイムギャップをコントロールして優勝を飾った、ということになる。

 フリープラクティスが行なわれる金曜日から土曜の予選までは、秋空のすっきりとした好天で推移した。この段階で圧倒的な速さを見せていたのは、ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)だった。ロレンソは、昨年と一昨年の日本GPでも優勝を飾っている。事前の予想では優勝候補最右翼だったが、実はロレンソは今回の来日直前、トレーニングで左肩じん帯を傷めるケガを負っていた。だが、彼の走りは金曜初日の走り出しからそんなことは微塵も感じさせず、いつもどおりの水準の高い内容だった。

 そこで、金曜の走行後に、「左肩の負傷は走行に影響を与えるほどでもないのでは?」と訊ねてみた。すると、ロレンソは微妙な表情で、「さいわい、ケガした当初に恐れていたほどではないけれど、でも実際にはまだ違和感があるし、加速でもブレーキングでも切り返しでも、全域でちょっとずつ気持ちよく走れていないんだ」という返答をした。

 土曜の予選で素晴らしい速さを見せたのは、ランキング首位のバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)だったが、ロレンソのタイムアタックはさらにそれを上回る速さで、ポールポジションを獲得した。この段階では、優勝候補はダントツでロレンソ。それに対し、ロッシが老練な技術と戦略でどこまで肉薄して勝負できるか、というものが大方の見方だったように思う。

 日曜の天候は秋晴れから一転して、未明から雨が降り、路面はしっぽりと濡れそぼっていた。気温も低く、前日までと180度異なるフルウェット状態で行なわれた午前の20分間のウォームアップ走行は、ペドロサがトップタイムを記録した。

 しかし、この段階ではペドロサの優勝を予測できた者は少なかったのではないだろうか。というのも、土曜の予選でペドロサはトップタイムのロレンソから0.792秒差の6番手タイムで、彼自身が厳しいレース展開になるであろうと口にしていたからだ。典型的なストップ&ゴータイプのコースレイアウトに合ったマシンセットアップで課題を残している、とも話しており、どこに問題があるのか彼に訊いてみると、「ホルヘは決勝レースで最初から飛ばすだろうから、なんとかしてついていきたいけれども、自分はコーナー進入のブレーキング、立ち上がりの加速、すべてにわたってかなり苦労している」と話した。

 決勝レース序盤は、まさにそのとおりの展開になった。フルウェットの路面でもロレンソは、いつもどおりの速さを発揮。背後につけるロッシをもあっという間に引き離して、独走状態に持ち込んだ。しかし、雨の上がったサーキットは路面状態が変化し、選手たちの走行ラインは周回ごとに少しずつ乾いていった。レース序盤から攻め続けたロレンソのフロントタイヤは誰よりも早く摩耗し、ラップタイムの落ち幅も大きくなった。

 一方、ペドロサはレース序盤に、「あまりいいフィーリングではなかったので、慎重にいった」ことが功を奏し、それが少しずつ乾いてゆく路面に対してタイヤを温存することにもなって、一貫したラップタイムを維持できていた。着々と差を詰め始めたペドロサは、前をいくアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とロッシを次々とパスし、そしてロレンソを鮮やかに抜き去って、ついにトップに立った。

 ペドロサは前戦のアラゴンGPでも、終盤までロッシと熾烈なバトルを繰り広げて競り勝ち、2位表彰台を獲得している。今年はシーズン序盤に腕上がり(前腕の酷使により筋膜に腫れと痛みが出る症状)の手術で数戦を欠場し、チャンピオン争いからは早々に脱落したものの、アラゴンの2位と今回の勝利により、今まで以上の強さを得て復調を果たしたことを強く印象づけた。

 レース終盤、ペースを維持できなくなったロレンソは、ロッシにもオーバーテイクされて3位でチェッカー。2位のロッシが20ポイントを獲得し、ロレンソは16ポイント加算で終わったために、ふたりの得点差はさらに4点広がって18ポイントになった。チャンピオン争いでは、ロッシがわずかながらさらに有利になった状態だ。シーズン残り3戦はロレンソの結果にかかわらず、自分が毎戦2位でゴールすれば年間総合優勝を獲得できる計算になる。

 だが、ロッシ自身は、「実際のレースではたいてい計算どおりになんてならないのだから、得失点を気にせずに、とにかく毎戦ホルヘの前でゴールすることを目指す」と話している。

 チャンピオンシップの帰趨(きすう)はともかくとしても、今回の日本GPは刻々と移り変わる自然条件という巧(たく)まざる演出効果で、レース序盤・中盤・終盤と展開が劇的に変化し、会場の観戦客はレースの醍醐味を満喫したことだろう。

 この日、ツインリンクもてぎを訪れた大勢のレースファンは、冷たい雨に濡れながらひたすら決勝開始時刻まで待ち続けていたのだから、その我慢と引き替えに、抜群に面白いレースを目の前で堪能できる恩恵くらいは受けてもいい。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira