DropboxとAdobeが業務提携

写真拡大 (全2枚)

 Dropbox Inc.とAdobeは13日、両社の提携を発表した。モバイル端末、パソコン、ウェブ上で両社のアプリケーションとサービスを統合させることに注力する方針だ。

 具体的には同日より、最新バージョンのAdobe AcrobatやAcrobat Readerデスクトップアプリから、Dropboxアカウントの追加が可能になる。またAdobeデスクトップアプリから、Dropboxに保存されているPDFを、直接開くことが可能になる。現在、180億を超えるPDFファイルがDropboxに保管されているという。

 Adobeアプリで加えられた変更内容とPDFファイルはすべてDropboxに同期され、モバイル端末、Dropboxウェブサイト、パソコンを使ってどこからでもアクセス可能。

 スマートフォン対応も今後数カ月以内に行う。これにより、Acrobat Readerモバイルを使って、iPhoneやiPadから直接Dropboxに保存しているPDFが編集可能となる予定。Android向けには2016年内に対応を開始する。