厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第20回:ロイカバード

 近年、日本競馬の国際化は急速に進み、トップクラスの競走馬たちが、日本から海外へ、海外から日本へと頻繁に行き来するようになった。それは、引退後のサラブレッドも同様で、現役時に日本で活躍した馬が、海外に輸出されることもあれば、反対に、世界的名馬が競走生活を終えて、日本へとやって来ることも珍しくない。

 日本で繁殖生活を送っているアゼリ(牝)も、その代表的な一頭。同馬は、2000年代前半にアメリカで活躍した伝説的な名牝である。GI通算11勝という驚異の成績を残し、アメリカ競馬の殿堂入りも果たしている。

 そんな名牝がなぜ日本にやって来たのか――。実は、2004年に現役生活を終えたアゼリは、そのままアメリカで繁殖入りするが、2009年、アメリカにおける繁殖牝馬のセリ市に出されたのだ。そしてその場に訪れていた、日本を代表する大牧場のノーザンファーム代表・吉田勝己氏が落札した。落札額は、225万ドル(当時のレートで約2億250万円)だった。

 そのアゼリの子が、今年の2歳馬の中にいる。ロイカバード(牡2歳/父ディープインパクト)である。2013年、国内最大級の競走馬セリ市「セレクトセール」に上場され、その年の最高額となる2億4000万円で落札された馬だ。

 ロイカバードは、ノーザンファーム空港牧場(北海道)にてデビュー前の育成を行なってきた。担当した細田誠二氏は、4月時点で、同馬の育成過程をこう振り返っていた。

「育成は順調にきました。気性はよくて、走りも前向き。扱いやすく、特に苦労したことはありません。最初は(馬体が)小さくて、華奢(きゃしゃ)なイメージもありましたが、調教のペースが上がってくると、父ディープインパクトの産駒らしく、丸みのある馬体になりましたね」

 アゼリの子は、これまでに4頭が日本と海外でデビュー。そのうち、牝馬のワインプリンセスが、アメリカのGIIとGIIIを勝っている。

 しかし、日本で生まれた最初の子、アメリ(牝5歳/父ディストーティドヒューマー)は、いまだ1000万条件で奮闘中。2011年生まれの牡馬(父ゼンノロブロイ)は、デビューまで至らなかった。そのため、ロイカバードに対して半信半疑の声もあるが、同馬の父は日本のトップ種牡馬であるディープインパクト。父母合わせてGI18勝の超良血だけに、自然と期待は高くなる。

 実際、育成においても、ロイカバードの素質は十分に感じられたようだ。細田氏が続ける。

「走りそうな雰囲気はありますし、能力は高そうですね。足もとも特に問題ありません。お尻の筋肉がもっとつけば、さらによくなるのではないでしょうか」

 ロイカバードは、9月から栗東トレセン(滋賀県)に移動。管理する松永幹夫厩舎に入り、すでにゲート試験に合格している。デビュー戦を迎える日も近いだろう。

 アメリカの伝説的名牝が、異国の地・日本で産んだロイカバード。世界の競馬史に残る母アゼリと、日本の七冠馬ディープインパクトを父に持つ"珠玉の血統"は、競馬界に名を残すような活躍ができるのか。その動向を、世界中の競馬ファンが見守っている。

河合力●文 text by Kawai Chikara