夫が家計を制しているつもりでも、妻はこっそりコツコツとためて、離婚に備えているというケースも。愛がさめると女は怖い?(撮影/写真部・植田真紗美)

写真拡大 (全5枚)

夫婦のどちらが家計の“制空権”を握るか。ときに派手な“空中戦”に発展しがちな問題だが、将来の不安に備えるにも、双方の歩み寄りが大切だ。緊張緩和には意外なツールが役立つようで――。(ライター・三宮千賀子)

 タイトルは「特別会計」。スマートフォンの画面には、下着代、塾の模試代などの項目と金額が並ぶ。合計5万円ほどの追加の振り込みを依頼する、妻からの催促メールの文面だ。

 東京に単身赴任中のメーカー勤務の男性(46)は「分かりました」とだけ返信した。もう3年ほど夫婦のコミュニケーションはメール中心。しかも必要最低限の文字数で“お金”の話だ。

 男性の年収は1300万円。大阪市内の高級住宅街で習い事に明け暮れる専業主婦の妻には、毎月、一般家庭より多めに生活費を渡しているはずだ。

「お互い息子とはLINEも使っていますが、夫婦間はメールで十分。正直、妻とは話したくもないので、言われたままにお金は振り込んでいます」

 高校3年生の息子がいつか独立したら「生活に苦労しない程度のお金」を渡して離婚するつもりだという。妻の同意は得られていないが、リタイア後は別のパートナーとカフェを経営するのもいいと思っている。相手の当てがあるわけではないが、そのために「妻に持っていかれない隠し財産もためている」と、この男性は明かす。

 財布を制する者、夫婦を制す──。やはり世間の夫婦関係は、お金のパワーに大きく左右されるのだろうか?

●ETC前急停車のワケ

 共働きで財布は別、生活費は夫がやや多く負担していたという不動産会社で働く女性(48)は、2年経った今でも、夫に対する怒りを抑えられない。きっかけは、夫が深夜にタクシーで帰宅して、酔ってぶちまけた財布の中身。中からバーや高級バッグのレシートを見つけた。

「3度目の浮気疑惑。いつも子どもには『うちはお金がないから高校は公立だ』って言っているのに、と頭にきて。それで私が彼の収入も管理することにしたんですが……」

 さらなる事態に愕然とした。取り上げた夫の口座は、なんとマイナス100万円。借金をして、女性に使い込んでいたのだ。「今は浮気可能なお金は渡していません。信頼も愛情もゼロですね」(不動産会社の女性)

 できれば、そんな最悪の状態になる前に手を打ちたい。

 どうやら最初から妻が家計を管理することは、夫の浮気の防止には効果的なようだ。逆の立場から、こんな事例も聞いた。

「奥さんは出産準備で里帰り中。海の近くの話題の店に行こうって言うので、ご飯ぐらいならと思ったのですが……」

 そう話すのは、アパレル関連で派遣として働く独身女性(31)。前の職場で出会った40代の既婚男性に「有休を取るから」とドライブに誘われ、応じた。

 高級車で都内から神奈川に向かうため、高速道路に乗ろうとしたときだった。突然、男性はゲートの直前で車を停止した。

「彼は『そうだ、ETCカードを抜き取らないと』って大慌て。聞けば、そのまま通過すると高速道路の入り口と出口の場所が記録され、クレジットカードの明細に出てくるからって」

 男性の妻は毎月、数字が合っているか、不正な引き落としがないか明細を確認しているという。不正ではないが、平日の湘南ドライブは“不自然”だ。

●夫の年収を知らぬ主婦

 彼は思惑どおり、カードを抜き取り高速代を現金で支払ったものの、女性は男性に幻滅した。

「お金目当てじゃありません。確かに女友達の中には、既婚男性に家賃だけ払ってもらってる子もいます。既婚のサラリーマン相手に10万円ぐらいのお小遣いをもらっているいわゆる“プチ愛人”な子も。そうなりたいわけじゃないけど、妻に気兼ねして、自由にお金を使えない男性に興味はないです」 ちなみに妻の側からは、「浮気をしてもOKだが、相手の女にお金を使うのはNG。それを私のエステ代に回せ!」(専業主婦・43歳)

「浮気相手がお金持ちの女性で、ご馳走されるなら別にいい」(パート女性・48歳)

 と、割り切った声もチラホラ。夫婦の絆は、もう損得勘定だけということなのだろうか?

 じつは自他共に認める仲良し夫婦の場合も、専らどちらかが管理していたり、財布が別々でどちらも家計全体を把握していなかったりという管理形態は、珍しくない。

 毎年、家族4人でハワイ旅行を計画してくれる夫は、大手銀行の支店長。専業主婦の女性(44)は、全面的に夫を信用していて年収すら知らない。

「十分な生活費をもらっているらしいので、もっと必要とは言いにくい。でも食費を節約したら、いくらでも自分のお小遣いにはなる状態です(笑)」

 この女性は、飲み会やランチが続き、家計がピンチのときは食費を抑えて節約。自分では貯蓄はできないタイプで、家計全体の余裕は分からないが、自分の小遣いも少しはあるので、あまり気にならないという。

「結婚当初、家事は仕事だからって義母が夫にボーナスを出すように言ってくれて。20年以上、年に2回、15万円もらっています。でもあるだけ使うから、無駄な出費が多いのかも……」(専業主婦の女性)

●家計は海外の夫まかせ

 横浜市で医療事務の仕事をする女性(43)も、家計はすべて、単身赴任中の夫(47)に任せている。今年で5年目になるカナダからの遠距離家計管理だ。

 さすがに「長女と長男の新学期からの塾代合計」など、海外からつかみきれない情報はメールで質問してくるが、この女性はだいたい回答を放置。

「数日後、『君が僕の部下なら即クビだよ』と怒られるんですが、『部下じゃない。妻です』と反論(笑)。結局、夫が呆れて、直接調べたりも」

 ちなみにこの家庭は、妻の収入もすべて夫の口座に振り込み、妻が小遣いをもらう仕組みだが、「制されているって気は全然しません。むしろ愛されているなあと……」

 と、この女性は笑う。夫の本音も「妻に頼みたいけど、苦手なら僕がやってあげる」なのだそうで、支配しようという意識はない。ただ心配もある。

「でもこれじゃあ将来、彼がいないと一人では生きていけませんよね」(医療事務の女性)

 一方、家計管理を一手に引き受けていたものの、将来のために夫に「制されたい」と願う妻もいる。

 9月の連休、施設に入居することになった祖母のマンションを整理したパートの女性(37)はこう話す。

「結局全部捨てないといけなかった。それで私は将来、必要なモノだけを買う生活にしようと決心。でも浪費家でお金を持っていると使ってしまう。特に服。セールがあった8月は6万円、今月も気に入れば2万円以上の服でも買ってしまっている」

 そこで相談のうえ、夫に家計管理を頼むことにした。目標は無駄な出費をなくし、3人の子どもが独立後、上質でシンプルな老後の生活を築くこと。とはいえ、夫もハードワークで、管理の方法を試行錯誤中だ。

●夫婦が交代で家計管理

 こうした夫婦間のお金についての相談や講演を多数受けているファイナンシャルプランナー(FP)の細田浩世さんは、夫婦がともに家計管理に関わることを強く勧める。「家計の動きが分かると出費に意識が向き、考えてモノを購入するようになります。また出費が急増したとき、管理する側だけじゃなく、負担も2人でシェアできて、絆も強くなる。とにかく毎月の収支だけでもお互いが認識できる工夫を。お金もたまります」

 実際、2人でお金に向き合っている夫婦の場合、目標もあり貯蓄額も高いようだ。

「銀行員の夫の財布には、常に千円程度しか入っていませんよ。あ、外出時には3千円必要だって言うので、渡していますが」 と笑うのは、元銀行員で専業主婦の女性(35)。夫の給与の振込口座をしっかりキープして、明細が出るカード以外、現金は必要な分だけを渡している。

 実は女性の家庭では、家計の管理者を何年かおきに交代している。そのため夫もだいたいのお金の流れは把握していて、特に不満は出ない。

「管理している側のほうが、確実に無駄遣いが減りますね。でもその分、本当に欲しいものが買えたりもしています」(元銀行員の女性)

 会社役員の清水優(ゆたか)さん(37)は、さいたま市内の駅から歩いて3分ほどの場所に念願のマイホームを建てた。趣味のバイクと車が2台は止められる広い車庫。間接照明に彩られた、白亜のモダンな豪邸に、妊娠中の妻の多和子さん(36)、小学生の長女、幼稚園児の長男と、引っ越しを終えたばかりだ。

「ずっと僕が家計を管理。妻は自由に口座から現金を引き出せましたが、入出金で僕に通知メールがくるんです。給料日から3日連続で、それが6万円や9万円だったりすると、何に使っているのかな?って気になっていました。いちいち聞くのも信用してないみたいで……」

●アプリで“家計円満”に

 そこで優さんは、オンライン家計簿のZaimというアプリを使用して、スマートフォンで妻が支出の内容を記録できるようにしてみた。

 すると、それまで家計管理にノータッチだった多和子さんも「『幼稚園月謝』と打って堂々と引き出せる」と積極的に利用。さらに口座の残高や収支を自然に確認するようになった。

「この家計簿、すごく便利だって薦めているんですが、みんな、夫婦でお金をオープンにするのをなぜか嫌がる(笑)。でも家庭も企業と一緒。支出の中身をしっかり見て分析し、お互いが考え協力することで、目標が達成できます」(優さん)

 Zaimのデータによると、2011年のサービス開始からアプリのダウンロード数は右肩上がり。これはスマートフォン利用者の増加傾向と重なる。レシートの自動読み取りや金融機関との連携などの機能が、時代のニーズに合っているのだ。

 前出のFP、細田さんも「家計簿アプリは、客観的な視点が持てる利点がある」と話す。

「すべてスマホの家計簿アプリが告げていることになる」

 そう話すのはIT企業勤務の女性(33)。以前は夫婦2人の外食費が予算をオーバーし、家計を管理していた女性が外食を渋ると、夫は納得できず、お互いに嫌な思いをしたことがあった。ところが2人で日々、前出のアプリで家計がのぞけるようになったことで、「外食しすぎ」と妻ではなくアプリが夫婦に伝える印象に。結果、夫のほうから「今月の外食は控えよう」という流れになり、角が立たず、出費も抑えられた。

 お金で相手を制する、制されるという関係から、夫婦で一歩踏み込んでみる。そうすれば、愛も利益もふくらむのかもしれない。

AERA 2015年10月19日号