ツタヤ図書館の騒動にみる「司書」という存在の重要さ

ざっくり言うと

  • 「ツタヤ図書館」の中古本の購入や蔵書の分類で、問題が指摘され始めている
  • 民間企業が運営する指定管理者制度では、「司書」が軽んじられていると識者
  • 地域住民が必要とするサービスが低下してしまうことも考えられると指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング