錦織圭(ATPランキング6位、10月5日付け、以下同)は、楽天ジャパンオープンテニスの準決勝で敗れ、タイトルをディフェンドすることができなかった。

 2回戦以降、錦織はビッグサーバーとの連戦となったが、その2回戦でサム・クエリー(同50位)にストレートで勝って、15年シーズンでのマッチ50勝目に到達した。ノバク・ジョコビッチ(同1位)の68勝、アンディ・マリー(同3位)の61勝、ロジャー・フェデラー(同2位)の53勝に続いて、ツアーで4番目の好成績だ。

 「今までで一番充実して、どの大会もいい結果が出ている。安定してきているなと感じます。それが、一番自分の必要なことであり、これから必要なこと。結果として、数字で見ることができるのは、嬉しいです」

 もともと錦織は、やや遅めのハードコートが好きで、最も得意としていたが、最近では、有明コロシアムのような球足の速いハードコートでもうまく対処できるようになり、勝利につなげている。それは、錦織のプレースタイルが、2014年シーズンからマイケル・チャンコーチとの取り組みによって、より攻撃的になっていることと無関係ではない。

「速いコートの方が、サーブからの展開で、攻撃的に、もっと早いタイミングで進められる。ただ、リターンからは難しくなりますけど、自分のテニスに合っています」

 続く準々決勝から、錦織は、右肩にテーピングをしてのプレーとなり、メディカルタイムアウトをとって、「ちょっと痛かった」という右肩のマッサージをしてもらうなど、不安が残った。マリン・チリッチ(同14位)には、サービスエースを23本も打ち込まれたものの、「自信を持ってリターンゲームができた」という錦織が、ミスも多かったチリッチから、3−6、7−5、6−3で逆転勝ちを収めた。

 準決勝では、今年のUSオープン1回戦で、錦織が2度のマッチポイントを握りながらもフルセットで敗れたベノワ・ペール(同32位)との再戦となった。「どっちかというと、やりたくないですね。嫌な思い出があるので」と語っていた錦織だったが、「第1セットは、錦織が良すぎてお手上げだった」というペールを圧倒して、6−1で先取した。

 しかし、第2セット第7ゲーム、錦織が5回のブレークポイントを握りながらも、7回のデュースの末ブレークに失敗すると、試合の流れはわからなくなった。

「あそこが一番悔やむポイントではある。取れていれば、簡単に第2セットも取れたと思う。自分が攻めきれなかった。第1セットみたいに攻めていれば、展開は変わっていたかな」(錦織)

 一方、「集中力だけはキープしよう」と努めたペールは、強力なサーブやストロークが決まるようになった。

「錦織は地元でディフェンディングチャンピオンとして、ナーバスになったのでは。プレッシャーが圭にかかっていたように思う」(ペール)

「自分に負けた要因があったかな」と語った錦織は、結局4−6、2−6と連取されて、2連覇の望みを絶たれた。錦織のセカンドサーブのポイント獲得率はわずか37%で、準決勝でも右肩にテーピングをしてのプレーだった。

 結局、スタン・バブリンカ(同4位)の初優勝で幕を閉じたジャパンオープンだが、この時点で、ツアー最終戦であるワールドツアーファイナルズの出場権争い「Race to London」に変動が生じた。東京と同じ週に開催されたATP北京大会で、ラファエル・ナダル(8位)が、決勝進出を決め3970点となり、1つ上げて6番目になり、東京でベスト4に終わった錦織は、3855ポイントで7番目になった。

 また、ツアー最終戦の出場争いをしていることと並んで、錦織の安定した成績を示している事柄がもう一つある。錦織は、昨年9月にUSオープンで準優勝した直後に、ATPランキング8位になって以来、1年以上ずっとトップ10から落ちたことがない。しかも自己最高の4位を記録し、世界のトッププレーヤーとしての証しを維持し続けている。

「それが、一番自分もうれしいところというか、満足しているところです。1年前にトップ10に入って、トップ10をキープできるかなという思いがずっとあった。今年はたぶんトップ10をキープできると思いますし、だいぶ自分の実力も定着してきているかなというのを、みんなに見せられているかなと思う。またワンステップ、ツーステップ登っていくのが、これからの課題です。ここまでトップ10にしっかり定着できているのは、すごく大きな進歩だと思います」

 今後錦織は、マスターズ1000・上海、バーゼル(スイス)、マスターズ1000・パリと、残すところ3大会でツアーファイナルズの出場権を確保しなければならない。そして、まだ到達したことのない世界のトップ3に食い込むべく、さらなる進化を遂げていかなければならない。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi