三塁側スタンド最前列にいた女子マネージャーの甲高い声が、つかの間の静寂に包まれた球場内にこだました。

「コダイラ、勝てるよ〜!」

 ベンチ前で素振りをしていた部員たちがギョッと振り返り、スタンドに向かって「おい、(応援)団長はどうしたぁ!?」と軽口を叩く。すると、女子マネージャーの傍らから「必勝」と書かれた鉢巻きを巻いた野球部員が現れ、「これからやるよぉ」と、気の抜けた返しで応じる。フェンスを挟んで、グラウンドとスタンド一帯に笑顔が弾けた。

 どこにでもありそうな、共学高校野球部の少しゆるめな光景。だが、これは試合開始前ではなく、9回までの攻防を終え、延長戦に入る直前のグラウンド整備中のやりとりだった。しかも、彼らの相手は今夏の甲子園でベスト4まで進んだ早稲田実業。お互い得点欄に「3」と表示されたスコアボードに、都立小平高校ナインの健闘ぶりが刻まれていた。

 八王子市民球場に集まった大勢の観衆の中で、試合開始前にこの展開を予想した人がどれほどいただろうか。10月10日、秋季東京都本大会1回戦、早稲田実業対小平。球場には早実のスーパー1年生・清宮幸太郎目当てのメディアも多数押しかけていた。

 シートノックでの動きを見る限り、レベル差は一目瞭然。大学生レベルの好フィールディングを披露するショート・金子銀佑(かねこ・ぎんすけ/2年)をはじめ、高レベルでまとまっている早実に対し、小平はぎこちない足運びの選手やスローイングにクセのある選手もいる。ノックを終えて三塁側ベンチ前に走って戻る選手たちの「バタバタバタ」という少し不格好な足音が場内に響いた。

 それでも、小平の石田幹雄監督には「ロースコアの接戦に持ち込める」という自信があった。小平は石田監督の就任以来、西東京の都立校で屈指の実績を残している。グラウンドはサッカー部や陸上部との共用で、全面使用できるのは週に1度だけ。それでも2005年以降の夏の大会で、ベスト4に2回、ベスト8に2回も進出している。

 先発投手に起用されたのは、背番号「10」をつけた1年生右腕・太田勇人だった。身長174センチ、体重62キロ。細身の体で、ストレートの最高スピードは「3カ月前に計った時は120キロでした」という、一見平凡に見える投手だ。

 しかし、石田監督は「スピードはないけど、関節が柔らかくて質のいいストレートが投げられる。コントロールもいいので、早実相手でも抑えるイメージはありました」と見ていた。

 午前10時、試合開始。1回表の小平の攻撃は、早実の先発投手・服部雅生(はっとり・まさき/1年)の前に三者凡退。すぐさま最初の守備を迎える。「2日前に先発を告げられました」という太田は緊張からか、いきなり早実の1番打者・小掛雄太(2年)を四球で歩かせてしまう。2番の吉木駿人(1年)がバントで送って、一死二塁。そして打席には、清宮がのっしのっしと向かう。

「でけぇな......」

 小平の捕手・白石健祐(しろいし・けんすけ/1年)は、間近で清宮の巨体を見て、思わず笑いが込み上げたという。

「テレビで見た時とはオーラが違いました。思わずニヤけちゃいましたからね。まるで子どもと大人だなと」

 白石の身長は163センチ。ここまで近くで清宮を見たのは初めてだったが、実は浅からぬ縁もあった。白石が中学時代に所属していた武蔵府中シニアと清宮が所属した調布シニアは、「関東村」と呼ばれる調布基地跡地運動広場の敷地内にそれぞれ練習グラウンドがある。

 また、試合でも対戦したことがあるが、当時の清宮は腰を疲労骨折していたため、試合に出ていなかったという。といっても、白石もシニア時代は控えだったため、試合には出られなかった。

 試合前、太田と白石の1年生バッテリーは早実打線を抑えるために2つの策を立てていた。それは、「インコースに変化球を投げる」ことと「外に落ちる球を投げる」。事前に「清宮は落ちる系の変化球に弱い」という情報が入っていたからだ。

 1打席目、緩いカーブを清宮の膝元に投げ込もうとするが、きわどいボールに対しても清宮のバットは動かない。

「ボール1球分外しても振ってこない。すごい選球眼だな......」(白石)

 カウント3−1と打者有利カウントになって迎えた5球目、再び太田が投じたカーブを清宮が捉えた。打球は強烈なラインドライブとなり、ファーストを襲った。これをファーストが弾き、記録はエラー。ピンチは広がったが、バッテリーとしてはとりあえず狙い通りの攻めができた打席だった。

 後続の4番・金子を詰まったショートフライ、5番の岡本大輔(2年)もレフトフライに抑え、太田は辛くも初回のピンチを脱する。ベンチに戻る太田は、三塁側スタンドからの大きな拍手喝采で迎えられた。

 すると2回表に、小平に思わぬチャンスが到来する。あっけなく二死を取られた後に6番・中岡大志郎(2年)のセーフティーバントが小フライになって、一塁線付近にポトリと落ちた。放っておけばファウルになっていた打球だが、投手の服部が誤って捕球してしまう。これが内野安打となって初の走者を出すと、暴投に四球が絡んで二死二、三塁。ここで8番・菅野杜人(1年)が一、二塁間をしぶとく破る安打を放ち、小平が2点を先取する。

 2回裏は早実打線に2安打1四球を許すものの、無失点で切り抜けた小平1年生バッテリー。しかし、小平に吹いていた風向きを変えたのは、やはり「怪物」だった。

 3回裏、無死一塁の場面で清宮の2度目の打席が回ってきた。太田・白石の1年生バッテリーは、清宮に対して徹底的に変化球で攻める。捕手の白石は「ストレートだと持っていかれると思った」と考えていた。だが、いくらカーブやチェンジアップを投げても、清宮のバッティングフォームは崩れない。

「手応えがないな......」と白石が焦りを覚え始めたカウント3−2からの6球目。太田が投げた瞬間に「ちょっと甘く入ったかな」と感じたインコース寄りのカーブを、清宮のバットが一閃する。

「打った瞬間に行ったと思いました。飛距離はなかったけど、いい感じに上がってくれたので」(清宮)

 打球はセンターが見上げる頭上を越えて、右中間の芝生席に落ちた。同点の2ランホームラン。白石は「うまく持っていかれた。やられた!」と唇をかんだ。

 場内は「これが見たかったんだ!」と言わんばかりの興奮状態に。真打(しんうち)の見事な仕事ぶりに空気は一変し、早実が一気に畳み掛ける展開になると思われた。

 それでも、小平守備陣がなんとか反撃をかわして迎えた4回裏、一死二塁のピンチで、早くも清宮の3打席目が回ってきた。

 前の打席で変化球攻めの結果、ホームランを打たれたバッテリーに、残された球種は「ストレート」しかなかった。しかし、「ストレートは通用しないだろう」と考えていた白石に、ひとつの誤算があった。しなやかな腕の振りから放たれる太田のスピンの効いたストレートは、想像以上に清宮に通用したのだ。

 カウント2−1からアウトコースに投じたストレートが「ビシッ」と白石のミットに収まると、球審は「ストライク!」のコール。変化球を1球挟んで、カウント3−2から投げ込んだ渾身のストレートは外角高めに伸びていき、清宮のスイングは空を切った。最速120 キロの太田が、清宮からストレートで空振り三振を奪ってしまったのだ。

「変化球を交えてなら、ストレートでも抑えられるんだな......」(白石)

 清宮を抑えた後、金子に勝ち越しタイムリー三塁打を浴びた太田だったが、この回以降、見違えて投球が良くなっていった。特に5回裏に左打者の代打・須能浩太郎(1年)から見逃し三振を奪ったインコースのストレート。白石が「この試合でのベストボールでした」と胸を張った1球もあり、太田は初めて三者凡退に抑える。6回に迎えた清宮の第4打席は、セカンドライナーに打ち取った。

 小平は早実に勝ち越しを許した直後、5回表に主将・久守大志(2年)の犠牲フライで同点に追いついていた。イニングごとにフォームを試行錯誤する早実エースの服部は、明らかに本調子からは程遠かった。それでも勝負どころで決定打は許さず、試合は膠着状態に陥(おちい)る。

 小平ベンチの石田監督は、太田の交代機を考えていた。当初から「いけるところまで」と考えていたとはいえ、序盤につかまったこともあり、球数は増えていた。まだ1年生の太田に無理はさせられない。8回裏、二死二塁のピンチをライト・石田良太(2年)の好捕でしのいだところで、エースナンバーをつけた石原稜平(2年)にスイッチする。石原は9回裏に、清宮に対して「あわやサヨナラ」という飛球を浴びるが、三者連続センターフライに抑えて、試合は延長戦にもつれ込んだ。

 3対3のまま進んでいく試合に、不思議な感覚で身を置いていたのは捕手の白石だった。

「ここまでうまくいくとは思っていませんでした。7回から8回くらいまでは楽しかったんですが、9回以降はつらかったですね」

 石田監督も「本当は後攻を取りたかった」と悔やんだが、イニングが進むほど、サヨナラ負けの恐怖がよぎり、精神的な疲労は積み重なっていく。10回は二死満塁のピンチをなんとかしのいだが、11回裏、一死二、三塁の場面で小平の3番手投手・吉田倭斗(1年)が早実の代打・工藤航輔(2年)に一塁線を破られ、試合は終わった。

 試合後、大勢の報道陣に囲まれた清宮は、思わぬ苦戦について淡々とした口調で語った。

「初戦ということで苦しい試合になることは頭に入れていたんですけど、ここまで接戦になるとは。小平さんの気迫に押されてしまったのかなと思います」

 一方、敗れた小平の太田と白石の1年生バッテリーは、ともに「清宮はやっぱりすごい」と口にした。しかし、ただ敗れただけではない。太田は清々しい表情で「自信になりました」と言った。

 もし、再び清宮と対戦することになったら? そう聞くと、捕手の白石は引き締まった表情でこう答えた。

「今日と同じことをしては通用しないと思います。清宮もこれからさらに成長すると思いますけど、僕らも成長します。その成長をぶつけられるように頑張ります」

 石田監督は健闘した選手たちをねぎらいつつ、静かに笑みを浮かべてこう言った。

「まだまだ秋のチームなので。これから学校に帰って練習します!」

菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro