【節約】物を持たない「ミニマリスト」は意外にお金が貯まらない? FPが解説!

写真拡大

最近テレビやネットで話題の「ミニマリスト」、オシャレでカッコいいイメージです。モノを持たない生き方ならお金も貯まりそうですがどうでしょうか。ファイナンシャル・プランナーがお金の専門家の目線でチェックしてみます。意外にもお金が貯まらないかも?

毎日のアレ、実はいらなかった!? 無くせばもっと生活が楽になるもの3つ

最近流行のミニマリスト、部屋は空っぽ、服は数枚?

最近流行のキーワードに「ミニマリスト」があります。テレビでも取り上げられたり、ネットでも何度かミニマリストのキーワードが盛り上がっていますので、目にしたことのある人は多いと思います。

ミニマリストの生活をみると、ほとんど家具のない広めのワンルームマンションに暮らし、極力モノを持たない生活をエンジョイしているようです。

服が10枚以下であるとか、カーテンすらないとか、冷蔵庫すらもたない、なんて話を聞くと驚きです。しかし、バックパックひとつあればいつでも家を出て好きな場所に住むことができる、なんて聞くと身軽な生活スタイルにあこがれてしまうのも事実です。

一時期、ムダなモノをどんどん捨てようということで「片づけの魔法」や「断捨離」というキーワードが流行しました。しかし、ミニマリストはこうした節約キーワードというよりはライフスタイル、つまり生き方そのもの、という点で違いがあるようです。

ミニマリストになれば、ムダなお金を使わない。お金が貯まる体質になれるかも?

ミニマリストが「モノをもたない」ということは「モノをあまり買わない」ことであるはずです。買い物ばかりしてムダづかいを止められない人にとってはミニマリストの生き方は節約にも通じるように見えます。

お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーとしても、ミニマリストのマネープランはとても興味深いものです。従来の常識的な家計と異なる生活が確立されているからです。私たちの生活に、ミニマリストのライフスタイルを参考にすることで節約のヒントは見つかると思います。

しかし、ミニマリストになれば単純にお金が貯まるというわけではないと考えています。

ミニマリストの注意点は「買い物の単価が上がる」こと

ミニマリストは単純に買うモノの量が少なくなるわけですから、家計としてもお金がかからないライフスタイルと考えがちです。しかし、これは家計管理としては間違いです。

買うモノは少なくて、高いモノを買う、という可能性が考慮されていないからです。

市街地のワンルームマンションではなく、山手線の内側でワンルームマンションを借りれば、狭い部屋でも家賃は上回る可能性があります。

服は10枚しか買わないとなれば、ひとつひとつ吟味したくなります。ユニクロや無印良品を買わずすべてブランドで固めればシャツも靴も単価は何倍にも跳ね上がります。「10枚」という上限は維持するものの、新しく買うたび1枚捨てる生活であれば、「10枚」が物持ちがいいとイコールではありません。

食材をムダに買い込んで傷ませることはなくなっても、外食ばかりで食事をすませるようになれば、これまたお金はもっとかかるようになります(粗食を前提にしなければ節約は不可能です)。高い食事を出すお店で外食するようになれば、予算は倍増してしまうかもしれません。

買い物は「買う量」の問題と「単価」の問題の双方でセーブしないと節約になりません。

ユニクロで全身を固めて、郊外の安い部屋に暮らすミニマリストなら、お金はほとんどかからない生活になりますが、そうなるとミニマリストというより単にお金がない若者の生活にしかならず、ミニマリストならではの「こだわり」部分があまり見えてきません。

ミニマリストを洒落た生き方として考えてしまうと、出費セーブにならない面があるのです。

ミニマリストになれない人も「お金の使い方」はミニマリストになってみよう

実際にミニマリストになれるか、というとこれはかなり勇気のいる決断だと思います。少なくともカーテンもない生活は勇気がいるでしょうし、冷蔵庫や洗濯機を買わない生活はそもそも生活が大変です。

それほどモノを持っていない人であっても、服を10枚以下にするのだけはちょっと無理、とか、冷蔵庫と洗濯機は削れない、というように、ミニマリストを徹底するのではなく、自分にとってのバランスを考えることになると思います。

しかし、ミニマリストの生活を見ることで、「ああ、モノに囲まれる生活をここまで削るのもアリか」と思えるのであれば、それは節約につながる可能性が高いと思います。

たいていの人にとって、電話回線もデスクトップパソコンももういらないはずですが、当たり前のように思って維持している人が固定観念を外し、固定的な出費を削ることができればそれは月数千円から数万円の節約につながります。そういう積み重ねができれば大きな節約になるでしょう。

何かを買うことで満足や落ち着きを得ているような人も、ミニマリストをまねて「買わない生活」をしばらく行ってみれば、自分に欠かせない出費を見極めるチャンスです。

どうしても削れないモノを無理して削る必要はありません。むしろ削れない出費を守るために、それ以外の削れるポイントを見つけることが大事です。 

ミニマリストになれなくても、ミニマリストを参考にして、ムダを削るヒントを得てみてはどうでしょうか。

もしかすると、ミニマリストに近づくことができて、究極のシンプルライフが手に入るかもしれませんよ。