Amazon、新たなマーケットは「みんなの手づくり」アイテム

写真拡大

各種マーケットへの進出を続けるアマゾンは、手づくりアイテムを扱う「Handmade at Amazon」を開始した。「Etsy」にとって強敵になると報道されているが、手数料の違いなどもあり、共存するという見方もある。

「Amazon、新たなマーケットは「みんなの手づくり」アイテム」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンは10月8日(米国時間)、手づくりアイテムを扱う「Handmade at Amazon」を開始した。小規模ビジネスを行う職人たちによる、手づくりグッズを扱うサーヴィスだ。

このような職人たちはこれまで、手づくり品販売サイト「Etsy」をビジネスの拠点としてきた。投資ウェブサイト「The Motley Fool」は、アマゾンがHandmade at Amazonについて発表した10月8日(米国時間)に、Etsyの株価が下がったと指摘している。

関連記事Etsyからつくり手たちが姿を消している理由

Handmade at AmazonがEtsyの手強いライヴァルになるとの見出しが各メディアに躍ったものの、こうした見方は少し早急にも思える。

たしかにアマゾンは、売り手と買い手のより広い範囲にリーチできる。同社によると、Handmade at Amazonは、5,000人以上の職人による80,000点以上の商品から開始されるという。また、アクティヴな顧客数は、Etsyの2,100万人と比較して、2億8,000万人近くいるとアマゾンは発表している。

だが、開始当初は、売り主が提供できる製品カテゴリーが「ジュエリー、ホームアイテム(アート、ベビー用寝具類、入浴アイテム、寝具類、家具、室内装飾品、キッチンおよび食器類、照明、パティオ、ガーデニング製品、収納用製品)、パーティー用品、文房具」に限定されている。つまり、1987年制作のSFアクション映画の主人公「He-Man」が飾られたヴィンテージのクリスマス・セーターが見つかるのは、まだEtsyだけということだ。

さらにThe Motley Foolは、売り主が支払う販売手数料について、アマゾンはEtsyよりも大幅に高いことを指摘している(1点の手づくり商品につき、Etsyは3.5パーセントだが、アマゾンは12パーセント)。これに付け加えて、Etsyユーザーが同プラットフォームに対して抱いている忠誠心も考慮すると、これらふたつのライヴァルは、異なるニッチ市場を対象にして、共存していくことになりそうだ。

アマゾンは着々とビジネスの種類を広げており、他社と競合する姿勢を見せている。たとえばアマゾンは、以前から、選定小売業者による中古製品を提供している(eBayと競合)。最近では、オンラインストリーミング・メディア部門を拡大し、オリジナルコンテンツの制作も行っている(Netflixなどと競合)。

関連記事:アマゾンが通年で赤字を脱却した、その背景

さらに2015年3月には、修理や個人レッスンといったちょっとした仕事を、地域の業者に依頼できるマーケットプレイス「Home Services」(日本語版記事)を開始している(「Angie’s List」などと競合)。

2015年10月には、一般の人がパートタイムで配送を請け負うプログラム「Amazon Flex」(日本語版記事)も開始した。これは、「Uber」や「Task Rabbit」に似ているサーヴィスだ。

なお、「CNET」の記事が指摘している通り、Handmade at Amazonは、アマゾンが今年に入ってから開始した、製品をベースとするヴァーティカル・サイトとしては少なくとも3番目となる。最初のふたつとは、「Amazon Launchpad」と「Amazon Exclusives」で、両方とも、新興企業の製品を専門に扱うストアだ。

TAG

AmazonArstechnica USEtsy