画面サイズ、ストレージ容量などで選べる4モデル

写真拡大

NECパーソナルコンピュータは、タブレットパソコン(PC)「LAVIE Tab(ラヴィ・タブ) W」シリーズから、10.1型モデル2機種を2015年10月下旬に、8型モデル2機種を10月15日に発売する。

最上位「TW710/CBS」は脱着式キーボード付属、ノートPCスタイルでも

10.1型IPSワイド液晶ディスプレイ(1920×1200ドット)を搭載したのは「TW710/CBS」と「TW710/CAS」2機種。専用ペンを使って入力するデジタイザー対応で、アプリの画面に直接イラストやメモなどを書き込める。OSは「Windows 10 Home」(64bit版)をプリインストール。

CPU(プロセッサー)はインテル「Atom x7-Z8700」を搭載。メモリーが4GB LPDDR3、内蔵ストレージが64GB。microSDXCメモリーカードスロットを備える。IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

「TW710/CBS」には脱着式のパッド付きキーボードが付属し、ノートPCのように使用できる。カラーはスパークリングシルバー。直販価格(税別、以下同じ)は8万4800円。「TW710/CAS」が7万1800円。

8型IPSワイド液晶ディスプレイ(1920×1200ドット)を搭載した2機種は「TW708/CAS」と「TW508/CAS」。CPUがインテル「Atom Z3736F」、メモリーが2GB。

内蔵ストレージは「TW708/CAS」が64GB、「TW508/CAS」が32GB。

microSDXCメモリーカードスロットを備える。OSは「Windows 10 Home」(32bit版)をプリインストール。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。カラーはクールシルバー。

直販価格は、「TW708/CAS」が4万9800円、「TW508/CAS」が4万4800円。