南アフリカで発見された、ヒト属の新種「ホモ・ナレディ」

写真拡大

南アフリカで、ヒト属の新種が発見された。近年の人類学における最大の発見のひとつだ。ホモ・ナレディは非常に古い種だが、非常に新しい解剖学的特徴も備えている。

「南アフリカで発見された、ヒト属の新種「ホモ・ナレディ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

わたしたちの「家族」が増えることになるようだ。ヒト属の新種が南アフリカで発見された。場所はヨハネスブルグの近く、「人類の揺りかご」(Cradle of Humankind)の洞窟の中──われわれ一家の親族について、すでにさまざまな証言をわたしたちに与えてくれたことで有名な場所だ。

この新種は「ホモ・ナレディ(Homo naledi)」と名づけられた。「naledi」はこの地域の言語であるソト語で「星」を意味し、化石が見つかった「星の部屋」に由来している。そしてヨハネスブルグのウィットウォーターズランド大学のリー・R・バーガーが率いる科学者たちは、この新種の少なくとも15個体の遺骸(老人、若者、小さな子どもも)を発掘した。

『eLife』で発表された2本の論文(こちらこちら)は、今世紀の人類学最大の発見のひとつとなった事柄について論じている。

研究者たちの行った分析は、ホモ・ナレディが250〜280万年前(ヒト属誕生の時期に近い)までさかのぼるかもしれないと示唆している。しかし、それがいつなのか、特定は簡単ではないと『ニューヨーク・タイムズ』は報じている。化石が発見された洞窟の堆積物の混乱と、骨の年代確定の助けとなることのできる動物の遺骸が存在しないことが原因だ。

外見に関しては、ホモ・ナレディにはユニークなところがあると、研究者たちは説明している。原始的な特徴と現代的な特徴がミックスされているようで、脳は非常に原始的で大きさは現代の人類のわずか3分の1であるが、細めの身体の上に乗っかるかたちになっており、どちらかというと進化した形をしている。

身長は約1.5m、体重は約45kgだ。おそらく道具を用いる能力を獲得していたようだ。手の指は曲がっていて、非常に高い登はん能力をもっていたことを示唆している。アウストラロピテクスにより近く、サルを思い起こさせる肩の形も同様にこのことを示唆しているようだ、と『National Geographic』は語っている。骨盤の骨も、いくらか原始的な特徴を示している。

足とアゴは、いくらか現代的だ。化石の分析に加わった研究者のひとりで、アメリカ自然史博物館のウィリアム・ハーコート=スミスによると、なんと、現代の人間と区別できないのだという。この構造は、長い足とともに、ホモ・ナレディが(直立姿勢で)長い距離の歩行を可能にしていたと考えられている。

この原始的な特徴と現代的な特徴がまぜこぜになった点で、ヒト属の起源がどれだけ複雑であるかがわかるというものだ。ストリンガーはさらに説明する。「ヒト属は複数の進化的系統に由来するのかもしれません。言い換えれば、ヒト属のいくつかの種は、アフリカのさまざまな地域で独立して生まれた可能性があります。もしそうだったなら、現在ヒト科に含まれている種を評価し直さなければならないかもしれません」

遺骸のあった場所(立ち入りが困難な領域だ)は、初期のヒト科も死者を人里離れた場所に安置する習慣があったことを示唆している。多くの人々から非常に現代的と考えられている行動だ。

TAG

AnthropologyHistoryWIRED IT