Doctors Me(ドクターズミー)- 調剤薬局でお薬を出してくれる薬剤師さん。日々どんな仕事をしているの?

写真拡大

病院処方箋をもらって調剤薬局に行くと、薬剤師さんが説明しながら薬を渡してくれます。薬剤師のみなさんは、私たちが見ている場面のほかに、どんな業務を行っているんでしょうか?

今日は薬剤師のお仕事について、現役薬剤師に詳しいお話を聞いてきました!

薬剤師の働くところ

薬剤師というと調剤薬局のイメージが強いかと思いますが、ほかにもいろんな勤務先があります。どのようなところで働くかで、仕事の内容は大きく変わります。

【調剤薬局以外の職場】
ドラックストア、病院 、製薬会社、大学 など

他にも化粧品の開発・研究や保健所などの行政機関など、薬剤師が従事する仕事は多岐に渡ります。

調剤薬局での業務

主な仕事は、調剤、服薬指導、薬歴の記録・管理などです。

1. 調剤 
処方箋の不備の有無をチェック後、調剤、そして監査します。

2. 服薬指導
患者に既往歴(きおうれき)、アレルギー、他科の受診や併用薬を確認し、主訴などをききます。 薬の用量用法の説明や副作用の説明、副作用が起きた場合の対処法の説明もします。

3. 薬歴の記録と管理
「SAOP」と呼ばれる薬歴記録形式により各患者の薬歴を記録します。患者の主観的情報 、客観的情報 、薬剤師による分析・判断・今後のケアの考察、患者への指導事項、医師への問い合わせ、情報提供、特記すべき調剤上の伝達事項、次回の申し送り等など。

また、最近では、在宅訪問服薬指導を行う調剤薬局も増えています。この場合、訪問診療を行う医師、看護士、ケアマネージャーと連携をとり医療チームの一員となって業務を行います。高齢化社会の進む今、在宅訪問服薬指導は、ますます需要が高まる傾向にあります。

病院やドラッグストアでの業務

【病院】
病院で働く薬剤師は、チーム医療の一員として医師や看護婦との連携し医療に貢献します。調剤業務はもちろんですが、注射・点滴薬の調整などを行うこともあります。また、薬剤師の立場での意見を医師・看護婦に求められたり、患者にもより近い存在となるため、薬剤師としてのスキルを磨くにはよい職場と言えます。

【ドラッグストア】
ドラックストアでは、OTC医薬品(市販薬)やサプリメントなどの販売が中心です。店によって差はありますが、調剤薬局や病院よりも「商品を売る」という意味合いが濃くなります。医薬品や商品の入荷量が非常に多いので、商品を棚に陳列する業務や商品の管理も仕事の一つです。そのため、調剤薬局と比べるとより体力も必要といえるかもしれません。

製薬会社や大学での業務

【製薬会社】
製薬会社での薬剤師の仕事はそれそれの担当分野で業務が分かれます。研究・開発、治験、症例報告書の管理、品質管理 などがあります。また製薬会社には、営業要素の強い「MR(Medical Representatives)」という業務もあります。自社の医薬品を普及させ、正しく有効に使用してもらうために、医師や薬剤師に薬の情報を提供するのが仕事です。

MR認定制度というものがあり取得には医薬品情報、疾病と治療、医薬概論などをしっかりと勉強し、認定試験を受ける必要があります。

【大学】
大学院卒業後、大学教員となり研究を続ける一方で学生の講義や実習の指導を行います。また、自分の研究についての論文を書いたり、学会に出席するなど、研究者という面もあります。

【薬剤師からの一言】

以前、小学校で薬剤師の仕事について講義する機会があり、講義を聞いた児童達から「薬剤師の仕事に興味が湧いた」「将来、薬剤師になりたい」という感想を聞くことができました。薬剤師として、子どもたちに薬剤師の仕事について伝え、教えることも大切な仕事の一つと考えています。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)